PCでこのブログをご覧になる時の推奨ブラウザは、Chrome・Firefox・Edge・Safariです。
Internet Explorerでは、一部コンテンツが正常に表示されない場合がありますのでご注意ください。

テキストのイメージを変えられます。

※「映画」は表示に時間がかかります。
※ページ移動or更新すると「真面目」に戻ります。

トップへ
今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを連続でクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

20120123日(月)12時03分

プリキュアの使命…ノイズが浮かべた笑み

※長文・乱文注意




スイートプリキュア♪


『ピカーン!みんなで奏でる希望の組曲ニャ!』


録画したものを鑑賞終了した。



つくづく思うのだが、僕って鑑賞日記書くのヘタだよね。
こういうのって、読書感想文と同じで、引用2割、感想8割くらいの割合で書くのに、毎回引用してばっかりじゃないか…。


でも自分の気持ち、自分なりに表現したいから、そのために今回は多くのセリフを引用し、その上で感想を書くことにする。
それが僕のやり方だw(何)




本題だが……


ハミィ、ノイズに飲み込まれてしまったな…。
メロディを庇って…。
ノイズは消滅したが、ハミィはどうなるんだろう…。



今回のノイズと、プリキュアのやりとりには感動した。
一部(ほとんど全部?)を引用しよう。


メロディ「悲しみは…乗り越えられる…!」

ノイズ「いくら乗り越えようと、悲しみは生まれ続ける!」

リズム「それなら…乗り越え続けるだけよ!!」

ノイズ「それに何の意味がある!?」

ミューズ「その分だけ、人は前に進めるから!」



悲しみを乗り越える…か。


生きていれば、楽しいことにたくさん出逢える。
でもその分、たくさんの悲しみにも出遭うことになる。


その【悲しみ】って、なんなんだろう…。


悲しみを乗り越えれば人は成長していける‥‥
でもその悲しみって、一体なんなんだろう。


悲しみの正体‥‥わからない。
なぜ人は悲しむのか。
なぜ悲しまなきゃいけないのか。
理由はそれぞれだろうけど、どこかに共通点というか、繋がりみたいなものがある気がする…。



どんな悲しみも、悲しみであることには変わりはない。


だからノイズは生まれた…?
どんな悲しみも、同じ【悲しみ】だから…?


みんなの悲しみの、きっかけとか理由とかが異なっていても、ノイズが抱えた悲しみはひとつ。


なぜならノイズはノイズだからだ。
気取ってるわけじゃないが、ほんとにそう思った。
みんないろんな悲しみがあって、つらかっただろうけど、それをすべて背負ったノイズはもっともっとつらかったと思う。




ノイズ「私は…お前たちとは違う!!
お前たちなどと……同じで…たまるかーーーっ!!!」


メロディ「そうよ、ノイズ。
あなたはあなたなの。」


リズム「その声も、羽の音も。」

ビート「あなただけの、立派な音楽。」

ミューズ「そう、みんな違ってていい。」



十人十色…なんて言葉もあるよな。


確かにノイズにはノイズの思いがあるけど、だからってそれでみんなを巻き込むのはやっぱり違う。
プリキュアはそれを否定した。
否定されたことに腹を立て、ノイズは、私はお前たちとは違う、と言ったのだろう。


でも考え方はやっぱり人それぞれだし、ノイズにはノイズの考え方があるんだから、それは大切にしてほしいな。


世界から悲しみすら消してしまい、最後は自分も消滅する…。


ノイズの目的って、いっときの僕みたいだ。


僕も荒れてた頃は、どうにでもなれって思って暴れて、自殺しようと自ら包丁を胸に突き刺そうとしたりしたこともあった。
今もそうだけど、その頃は特に、自分を大切にするってできなかったんだと思う。
(正直今でも、“自分を大切にする”意味はわからない。)



でもノイズには、これ以上悲しみに飲み込まれてほしくないな~って。
これは完全に僕の考え方だが、悲しみは乗り越えられても、心から完全に消すことはできないし、いつかまた思い出す時が来るかもしれない。
だからこそ、その時またつらい思いをするようなことがないように、これ以上心に傷を残してほしくないって。
そう思った。



ノイズ「お前たちはなぜ、そこまで音楽など信じる?!」

メロディ&リズム「それは‥‥音楽は人を笑顔にするから!」

ノイズ「笑顔など見て、どうなる!?」

メロディ「幸せだと思える!」

ノイズ「なぜだ!?」

ビート「それが心の繋がりだから!」

ミューズ「心の繋がりが、幸せをくれる!!」




僕、笑顔って苦手だ(笑)。
どっちかっていうと、昔から落ち込んだ顔ばっかしてたからな。


笑顔になるのって難しいけど、誰かが笑顔にしてくれることもある。
でも自分自身が曲がった考え持ってたら、笑顔になれるはずなのになれない。
だから結局、最後に笑顔になるのは自分自身なんだよな。
笑顔になろうという努力も必要かもしれない。


でも音楽って、笑顔になるのに本当に支えになってくれるかも。


不思議と笑顔になれる曲ってあるけど、あれってすごいよね。
ヒトと他の動物との大きな違いって、笑ったり悲しんだり、様々な【感情】を見せること。


音楽ひとつでも、感情は揺れ動かされる。
それも、一般的に楽しい音楽でも、ある人は悲しいって思うかもしれないし、あるいはいら立つかもしれない。


それも人それぞれなのかな。
みんなとおんなじじゃなくても、自分の意思貫いていいのかな。


でも最後は笑顔になりたい。
そう思ってたら、今より僕ももっともっと、笑顔になれる時が来るかな?(笑)



ノイズ「ほんの少しの心次第で、一瞬で悲しみに変わる!!」

メロディ「だからこそ!
どんなに深い悲しみも、乗り越えたら笑顔に変わる!」



ノイズが言うことももっともだ。
悲しみには一瞬で変わる。
変わったらなかなか笑顔には戻れない。


だが、悲しみがなければ笑顔というもの、言葉自体もなかっただろう。


悲しみがあるから笑顔があるってことかな。


笑顔溢れる世界って楽しいだろうけど、それだと笑顔って言葉は生まれないかも。
言葉だけじゃなくて、笑顔になる意味だって。

それがあるのは、悲しみがあるからかな。



陳腐な表現だが、悲しみがあり、それを乗り越えるから、そのあとの笑顔って輝くんじゃないかな。


これは悪い言い方…それを承知で言うが、ただニコニコ笑ってるだけの人の笑顔と、何かを乗り越えてようやく笑えた人の笑顔って、まったく別物だと思った。


でもそれもまた個性なのかな。
なぜ笑顔になるかって理由はわからなくても、その人が幸せなら、何が嬉しくて笑ってもいいってことかな。




いろんなこと考えさせられた。


プリキュアの使命って、みんなを笑顔に、幸せにすることなんだな☆
改めて理解できた。(普通に考えりゃわかるだろ)



でも最後は、ノイズも笑顔になれてよかったな。


だがノイズは、本当に悲しみから解き放たれたのかって心配だ。


あのまま消えてよかったのかな…。
せめて最後に泣いてほしかった。 思いっきり。
そして感情を表に出してほしかった。

(意地を張ってしまうのも、ノイズの個性?かもしれないけどな。)




あと、ハミィだけじゃなく、ノイズに飲み込まれた人たちはどうなってしまうのか…。


次回の放送で『スイートプリキュア♪』はいよいよ最終回だ。


だらだら長く、意味不明な鑑賞日記になってしまったな(汗)。
でもそれも僕の個性ってことで☆(殴)




プリキュアたちの今後に期待して、
ィヨロシク!!~♪
関連記事

コメント

  • ★の項目は必ず入力してください。
  • 記事の感想、意見など、何でもお気軽にどうぞ。takumiは大いに喜びます。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよくご確認になった上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントにお書きになって送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にて返信させて頂きます。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。
非公開コメント