PCでこのブログをご覧になる時の推奨ブラウザは、Chrome・Firefox・Edge・Safariです。
Internet Explorerでは、一部コンテンツが正常に表示されない場合がありますのでご注意ください。

トップへ
今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを連続でクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

キーワードで記事を検索できます。

20110208日(火)21時08分

偽物騒動勃発!!AR書体に注意しろ

※もともとこの記事は、正午ごろに書きかけたものを夜に編集したもの。
下書き保存ができてなかったから、1から書き直すハメに…(T_T)
FC2、最近そういう不具合多いだろ…。





AR書体をご存じだろうか?
年賀状のソフトなんかに入っていることもあるし、誰も知らないようなフォントじゃないはず。
『AR~』と付くフォントがパソコンの中にあれば、それはアーフィックという会社のフォントだ。




ここだけの話(?)、アーフィックには、パクリフォントが非常に多い。


アーフィックは台湾の会社。
中国系だし、何となくうなずけるよな。


最近は“偽ガンダム”騒ぎとかあったことだし、僕もそれに便乗(使い方違う?)して、パクリフォントを調べてみることにした。



なお、以下はあくまでもtakumiが調べた結果であり、意見である。
だから正確さの保証はできない。



それをふまえた上で見ていこう。


【AR書体⇒本家】
AR丸ゴシック体M⇒シリウス-M(リョービ)
AR新藝体⇒DFP綜藝体(ダイナコムウェア)
AR白丸/黒丸POP体⇒スーボ(写研)
ARマーカー体⇒ナカフリー(写研)
ARハイカラPOP体⇒DFP POPコン(ダイナコムウェア)
AR POP4/POP5⇒DFPまるもじ体(ダイナコムウェア)
AR浪漫明朝体⇒DFP麗雅宋(ダイナコムウェア)



――こんな感じだろうか。


もちろん上記のAR書体も正規品だから、使っても問題ないのだが、どうせならやっぱり本家を使いたいからな。


また、パクリであるという証拠もない。
だが、字形が中途半端に似ていることや、少なからずパクリであるという知名度がある以上、パクリだと疑わざるを得ない。
だから僕は、上記フォントはパクリだと判断したのだ。


AR書体の字形の方が好きだったり、予算の問題がある場合は、AR書体の方を使っても大きな問題は発生しないだろう。(AR書体は、単体購入でも2100円と、他者フォントに比べると安い。)


ちなみに僕は、ARマーカー体とAR新藝体、AR丸ゴシック体M辺りは結構気に入ってる。
やっぱり抵抗はあるけど、これらにはこれらのよさがあるからな。
(他のやつは似ているだけでちょっと‥‥;)



ここまでで登場したフォントは、
「和文フォント大図鑑のLIBRARY(ライブラリー)」
で見ることができる。
(会社名からフォント名を探せば見つかるはず。)
ただし写研のフォントは載ってないから、
「写研DTP.comの書体見本ページ」
で確認するとよい。




まっ、そういうわけだから、パクリには注意しよう!


ィヨロシク!!
関連記事

コメント

  • ★の項目は必ず入力してください。
  • 記事の感想、意見など、何でもお気軽にどうぞ。takumiは大いに喜びます。
  • 確認画面にはパスワードの入力欄がありますが、後から内容の修正はできません。内容をよくご確認になった上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントにお書きになって送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にて返信させて頂きます。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。
  • 支離滅裂な内容や、論理性のない批判・罵倒を含む場合は削除する(承認しない)場合があります。また、悪質なコメントは、非公開コメントであっても記事などで紹介させて頂く場合があります。その際のコメントや記事の削除・編集要望には一切応じません。責任を持ってコメントしてください。
非公開コメント