PCでこのブログをご覧になる時の推奨ブラウザは、Chrome・Firefox・Edge・Safariです。
Internet Explorerでは、一部コンテンツが正常に表示されない場合がありますのでご注意ください。

トップへ
今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを連続でクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

キーワードで記事を検索できます。

20120919日(水)13時09分

コレが幸せ!?なまけ玉の中の世界

スマイルプリキュア!


『ロイヤルクロックとキャンディの秘密!!』


録画したものを鑑賞終了した。



ジョーカーによって『なまけ玉』に封じ込められたキャンディ…。
苦しいこともつらいことも存在しない。
ずっと食べて遊んで暮らしていける素晴らしい世界…。


僕だったら‥‥たぶんキャンディみたいに、自分の力では帰って来られないと思う。


“つらいことも苦しいことも乗り越えてみせる!”って、その気持ちや行動が大切なのはわかってるつもりだけど、キャンディのようになまけ玉に閉じ込められ、幸せ(?)な世界を見て‥‥そうしたらその気持ちも揺らいでしまいそう。



キャンディがなまけ玉の中で、お菓子の家を発見するシーンがあった。
他の妖精とみんなで分けて食べよう、と考えたキャンディだったが、お菓子もジュースもたくさんあるから、それはキャンディだけのものだと妖精たちは言った。



序盤の、クッキーを6等分してみんなで分けるシーン。
そこでふと思い出したわ。
昔、僕も母親から、「分け合う」ことの大切さって教わったなぁって。


僕はどちらかというとひとり占めしてしまう方だったからな~;(※今は違う!)
でもなぜ分け合わなきゃいけないのかって、母親から聞いた時点ではわからなかった。
この年齢になるまでに、おのずとわかっていった、という感じだ。



たぶん幼い頃の僕がキャンディの立場になったら、妖精たちの言うようにお菓子の家はひとり占めしてしまうだろう。


今の僕だったら……ひとり占めどころか、遠慮して他の妖精たちに譲ると思う(笑)。




キャンディが閉じ込められた時、プリキュアが発した言葉。





ハッピー
「キャンディは必ず帰って来る!」

「誰だって楽な方がいい。
難しいことは考えたくないし、逃げたくなる…。

でも…
本当に楽しく笑うためには、踏ん張って頑張らなきゃいけない時だってあるの!」


サニー
「せやな…。
いっつもおもろいことばっかなわけないもん。」


ピース
「でも、どんな時でもきっと逃げちゃだめだと思う。」


マーチ
「うん!
どれほど大変でも、自分の足で前に進んでいく…。」


ビューティ
「そうしないと、ほんとうの笑顔にはなれない…。」


ハッピー
「うん、どんな時も全力でやるから、心から楽しいって思える…。」





――僕もこれから頑張っていかないとな~…。
大学入れば、肉体的にも精神的にも、かなりタイヘンになるだろう。


その覚悟、正直あまりできていない。
なのに不安、という矛盾…(-_-;)



まぁ楽な方向に逃げられたら…と思うことはあるけど、無論本当に逃げたりはしない


逃げてたら週1回でも学校行ってないもん。
レポートだって出さずにほったらかしで‥‥そんなだったら指定校推薦の枠GETできた“いま”はなかっただろう。



この先もっともっと頑張れば、本当の幸せが掴み取れるようになる日が来るのかな…。


……この3年間ですら大変だったから、ちょっと気が遠くなりそうだけど(笑)。




キャンディが助けられたかと思ったら、今度はあかね・やよい・なお・れいかの4人がなまけ玉に閉じ込められてしまった…。
次回! 果たしてどうなるのか…!?




今日のじゃんけんは…「あいこ」
いまさら言うのもアレだが、ピースとのじゃんけん楽しいよ☆(笑/←18の男が…?!)



次回にも期待して、ィヨロシク!!
関連記事

コメント

  • ★の項目は必ず入力してください。
  • 記事の感想、意見など、何でもお気軽にどうぞ。takumiは大いに喜びます。
  • 確認画面にはパスワードの入力欄がありますが、後から内容の修正はできません。内容をよくご確認になった上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントにお書きになって送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にて返信させて頂きます。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。
  • 支離滅裂な内容や、論理性のない批判・罵倒を含む場合は削除する(承認しない)場合があります。また、悪質なコメントは、非公開コメントであっても記事などで紹介させて頂く場合があります。その際のコメントや記事の削除・編集要望には一切応じません。責任を持ってコメントしてください。
非公開コメント