PCでこのブログをご覧になる時の推奨ブラウザは、Chrome・Firefox・Edge・Safariです。
Internet Explorerでは、一部コンテンツが正常に表示されない場合がありますのでご注意ください。

トップへ
今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを連続でクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

キーワードで記事を検索できます。

20130128日(月)11時55分

最後のキセキ…輝け!!スマイルプリキュア☆彡

スマイルプリキュア!




『光輝く未来へ!
届け! 最高のスマイル!!』


鑑賞終了した。


キャンディ
「たいせつなことは…
ちゃんとじぶんで考えて、じぶんで決めるクル!」


ポップ
「人生には、決断をせねばならぬ時があるのでござる…。
たとえそれがどんなにつらい選択でも、必ず自分の手で未来を選び、歩いて行かねばならぬのでござる!」



自分のことは自分で決める…。

未来に向けて進むにあたって大切なことかもしれない。
でもどこか、「流れに任せればなんとかなるだろう」「誰かがなんとかしてくれるだろう」なんて思ってるかも…。

何かをしていくことよりも、それをやると決断する時の方が大変かもしれない。

決めて、一歩踏み出す

それさえできれば(やれば)何とかなる。
でもたったそれだけのことが、勇気出せなくてなかなかできなくて、ためらって自分にイイワケして諦めてしまうという…。


一歩踏み出すことの大切さ、って、学校で教わったな…。

でも最初のたった一歩を踏み出すのが、なぜこんなにも大変なんだろう…。



みゆきたちは、友達のキャンディが大事、未来も守りたい…
でも両方は守れないし、だけど決めなきゃ何も変えられない…。
(キャンディはあとから戻ってきたが、その話はなかったものとして考える。)


未来を守ることを選び、奇跡は起こってピエーロは消滅したけど、みゆきたちは「キャンディを失った」悲しみとたたかっていかなきゃいけない

世界は救えたはずなのに、みゆきたちの心は癒やされない…。
世界を救うことと同じくらい、その悲しみを乗り越えることはむつかしいのかも…。



みゆき
「しあわせは探すものじゃなくて、感じるものだったんだね。
たくさんのしあわせが、こんなにすぐそばにあったなんて…。」



‥‥幸せって、失ってから気づくことが多い。
その幸せが当たり前になってしまうのって悲しい(怖い?)ことかもしれない。

幸せを幸せと感じられない、それを当たり前と思う…。
なんかニンゲンって愚かだな。




長かったようで短かったな。
『スマイルプリキュア!』は終わった…。


やっぱり腑に落ちないところが多かった。
ジョーカーは何者だったのか最後までわからなかったし、ウルルン、オニニン、マジョリン(元三幹部)にまつわるエピソードが少なすぎてよくわからなかったし、ラスボスのわりにピエーロとの戦いが短すぎたし…。


スイプリみたいに、たとえ悪者であっても、ノイズと話し合ってわかってもらって最後は悪者も笑顔になる、みたいな展開の方が好きだったな。

でも世界は救えたけど大切な友達と別れる、というスマプリの展開もアリだと思う。



――なんだかんだ言ってきたけど、スマプリも面白かったよ。
スイプリの時よりキャラに恋できたしね☆(黙
まぁこれからも愛し続けるけどww(爆



そして新シリーズ『ドキドキ!プリキュア』


今度はどんなキャラが活躍するのかな?
また好きなキャラできるかな?(笑)

鑑賞日記、今後も毎回書けるかわからないが、できるだけ書いていく!(そう言って2年間書き続けてきたんだけど〈笑〉。)




みんな笑顔でウルトラハッピー(謎



そして新シリーズにも期待して、ィヨロシク!!

★~~~☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡
関連記事

コメント

  • ★の項目は必ず入力してください。
  • 記事の感想、意見など、何でもお気軽にどうぞ。takumiは大いに喜びます。
  • 確認画面にはパスワードの入力欄がありますが、後から内容の修正はできません。内容をよくご確認になった上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントにお書きになって送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にて返信させて頂きます。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。
  • 支離滅裂な内容や、論理性のない批判・罵倒を含む場合は削除する(承認しない)場合があります。また、悪質なコメントは、非公開コメントであっても記事などで紹介させて頂く場合があります。その際のコメントや記事の削除・編集要望には一切応じません。責任を持ってコメントしてください。
非公開コメント