PCでこのブログをご覧になる時の推奨ブラウザは、Chrome・Firefox・Edge・Safariです。
Internet Explorerでは、一部コンテンツが正常に表示されない場合がありますのでご注意ください。

トップへ
今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを連続でクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

キーワードで記事を検索できます。

20130926日(木)15時14分

病弱だったありす…外出禁止令!?

『ありすパパ登場!
四葉家おとまり会!』

鑑賞終了した。



裕福な家庭に生まれても、それが必ずしも幸せにつながるか、って考えたらわからないね。

病弱であっても、外に絶対出さないとかしてたらますます体弱るよ…。
そこは裕福な家庭ならではかな?と思った。

「病弱であるから」という理由だけで、友達との関わりまで制限する権利は親にはない。
何歳であろうが、子供には子供の権利があるからね。
これは親のエゴでしかない。


でも、いつもありすに会いたい!って思ってた六花やマナってすごいなぁと思う。

子供って、大人にはない純粋さがあるよね。
純粋だから、ありすと会って遊びたい!って思ったら、何が何でもそれを成し遂げようとする。
ありすが環境のよい他の国へ旅立つ、となった時も、何とかありすを連れ出して逃げようとしていた。

大人になると、現実にしっかり目を向けなきゃいけなくなるだろう。
だから嫌だ嫌だとは言ってられなくなる。


純粋にああしたい!こうしたい!って言うのが認められていた頃(もちろん叶わないこともあったが)に戻りたいな。

現実というのはなんてつらいものなのだろう…(笑)。



次回にも期待して、ィヨロシク!!☆
関連記事

コメント

  • ★の項目は必ず入力してください。
  • 記事の感想、意見など、何でもお気軽にどうぞ。takumiは大いに喜びます。
  • 確認画面にはパスワードの入力欄がありますが、後から内容の修正はできません。内容をよくご確認になった上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントにお書きになって送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にて返信させて頂きます。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。
  • 支離滅裂な内容や、論理性のない批判・罵倒を含む場合は削除する(承認しない)場合があります。また、悪質なコメントは、非公開コメントであっても記事などで紹介させて頂く場合があります。その際のコメントや記事の削除・編集要望には一切応じません。責任を持ってコメントしてください。
非公開コメント