トップへ
20140709日(水)13時27分

takumi書痙フォント

※このページは、Webフォントサービス「FontStream」を利用して、『takumi書痙フォント』で表示しています(表示に時間がかかる場合があります)。

書痙フォント見本
書痙フォント見本 

■どんなフォント?
それまでフォントが好きで、でもただのユーザーだったtakumiが初めて自分で作りきった完全オリジナルフォントです。
フォントや漢字が大好きで、でも書痙に悩んでいるから整った字が書けないtakumiがその気持ちをフォントにぶつけるためにペンタブで1文字ずつ書いて作りました。

百聞は一見にしかず。このページのテキスト全体が、『takumi書痙フォント細字P』で表示されていますので、ブラウザの機能(スマホでご覧ならピンチアウト)で文字を拡大してじっくりご覧ください。キリッと整った漢字と、ひらがな・カタカナの拙さのバランスの面白さにお気付きになると思います。フォントをお使い頂いた方々からは、しばしばこれを、「かわいい」と評価して頂きます(笑)。
また、格安フォントパックのプロポーショナルフォントにありがちな、「『かな』の字間が詰まり過ぎているのに漢字の字間が大きく空いている」違和感がかなり少ないことがわかるでしょう。手書き風フォントですから、紙面の本文で使われるゴシック体や明朝体と比べて、当然可読性は劣ります。その違和感を少しでも減らすため、プロポーショナルフォントの字間調整は慎重に行いました。

また、手書き風フォントの中でも珍しく、「教科書体」でなく「楷書体」寄りの字形を採用しているフォントです。
例として、以下の4文字をご覧ください。

紀戸保遠
▲活字(明朝体)
紀戸保遠
▲takumi書痙フォント

ペンタブの丸ペンを用いていますが、活字との違いを意識し、不自然のない「筆」の動きになるよう書いています。
上の例だと、「紀」の糸偏の下部を三点で、「戸」の横棒を点で書き、また、「保」の右下「木」の2画目も、3画目にスムーズに繋がるよう意識して「ハネ」ています。さらに、「遠」の「しんにょう」も、なるべく書きづらさ(クネクネした部分)を感じさせないように書いています。

学校で漢字を習う時に手本にする「教科書体」と呼ばれる字体は、先述の楷書体とは異なり、より活字に近い字体です。もちろん教科書体で文字を書いても間違いではありませんが、より美しい文字を書くことを目指すなら、楷書体を覚えることを強くおすすめします。このtakumi書痙フォントが、皆さんが楷書体に興味を持たれるきっかけともなれば幸いです。

2つの太さ違い(細字・太字)に、それぞれ等幅フォントとプロポーショナルフォントを用意しております。プロポーショナルフォントは、英数字・かな・記号類の一部に字詰め処理をしてあります。
Adobeのグラフィックソフトをお持ちの場合は、プロポーショナルフォントにオプティカルカーニングを適用し、さらにお好みで文字ツメを20~40%くらいの値で適用してやると、より自然な字幅でお使いになれるかと思います。


■名前
takumi書痙(しょけい)フォント
■フォルダ名
TAKUMISFONT
■初回公開日
2016年10月16日(Ver3.00)
2016年4月6日(Ver2.00)
2014年7月9日(Ver1.00)
■形式
TrueTypeフォント(横書き・縦書き対応)
※ファイル名の後ろに“L”の付くフォントが細字、“B”の付くフォントが太字です。
※ファイル名、及びフォントの名前の後ろに“P”の付くフォントはプロポーショナルフォントです。
■対応OS
Windows 2000/XP/Vista/7/8/8.1/10 各日本語版
Mac OS X 10.3~10.11、macOS 10.12(macOS Sierra) 各日本語版
■作成ツール
TypeCraft(キヤノン)、TTEdit(武蔵システム)、手書きフォントメーカー(武蔵システム)
■収録文字
ひらがな・カタカナ、英数字、第一・第二水準漢字、IBM拡張文字、NEC特殊文字、その他JIS X 0208の非漢字全字種(※以下の留意事項もご確認ください)

<収録文字についての留意事項>
※縦書きでは単位記号(「㍉㌔㌢」など)が入力できません。
(秘の旧字体)の代わりに「祕」(マル秘)を入れています。
※第二水準漢字の一部は、楷書体として一般的でない形をしているため、「示偏」「しんにょう」「食偏」「旧字体の者(日の上に点)」を含む漢字については、以下のように書き換えています。 
祠→祠 饒→
邏→邏 楮→
※上に示した当フォントのルールでは、IBM拡張文字の一部(主に旧字体…ネが示の「神」や、日の上に点が付く「緒」など)は作れないため、それらの文字の代わりに、一般的な字体(新字体)を入れています。
※「罫線素片」の代わりに、オリジナル絵文字・記号を収録しています。これらは「けいせん」と入力し、変換することで入力できます。下記の対応表をご参照ください。(普通の罫線素片の文字は、当フォントでは入力できません。手書きで使い物になる罫線素片の文字を書くのが困難と判断したためです)


  • フォントを使う前に、必ずフォントの「使用条件」をご確認ください。
  • フォントはここで通知しなくても、予告なくアップデートすることがあります。 
  • このフォントをダウンロードしたこと、あるいは使用したことであなたが何らかの損害を負っても、takumiは一切の責任を負いません(全て無保証)。自己責任でお願いします。


フォントをダウンロード_01 
フォントをダウンロード_02
関連記事

記事を最後までお読み頂きありがとうございます♪
よろしければ以下の各バナーを、1日1クリックして頂けると今後の励みになりますのでよろしくお願いいたします(費用はかかりません)。

コメント

  • 記事の感想、意見など、何でもお気軽にどうぞ。takumiは大いに喜びます。
  • ★の項目は必ず入力してください。
  • 内容をよくご確認になった上で投稿してください。確認画面にはパスワードの入力欄がありますが、後から内容の修正はできません。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントにお書きになって送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にて返信させて頂きます。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れてください。返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。
  • 支離滅裂な内容や、論理性のない批判・罵倒を含む場合は削除する(承認しない)場合があります。また、悪質なコメントは、非公開コメントであっても記事などで紹介させて頂く場合があります。その際のコメントや記事の削除・編集要望には一切応じません。責任を持ってコメントしてください。
非公開コメント

Re: No title

率直なご意見ありがとうございます。
仰ることはごもっともです。


正直な所、拙作フォントに限らず、フォントに対する熱意(=著作権について厳格に考える)の一方で、アニメのワンシーンなどのキャプチャー、もしくはそれを加工しての利用など、僕が別だと勝手に認識している分野においては、その認識の甘さがあることは事実です。過度でない限り黙認される、という現状に甘んじている自分もいます。

使用条件、厳格に書いてみせてはいるものの、実はユーザーのモラルに任せるしかない、というのは承知しています。
また、そもそもアナリティクスでアクセス数を見ていても、使用条件のページを見て頂いている方は、フォント紹介ページの参照数や、フォントのダウンロード数と比較しても大変少ない現状も把握しています。こればかりは、作者の僕が強制すれば使用者が減るだろう……それより、使って欲しい!という思いが強いので、後はユーザー次第かな、と。既にそう考えております。
ご指摘の通り、自分のフォントだから不正利用しないで!という、己を棚に上げた勝手な気持ちもあります。ごめんなさい。
しかし、その一方で、ご丁寧に使用前に連絡して頂いたり、使用後にこうやって使いました~!と報告して頂いたりと、ルールを守って使って頂いている方もいますので、使用条件をあのようにして設けているのは、そういった、【ルールを守ってくれる人達】が、よりスムーズに使えるようにする、という目的もあります。

とはいえ、僕自身も、こういった「モラルのない方達」同様に、ご指摘のように、先述の僕の考えを踏まえても、甘さ、及び矛盾があったことは認めます。使用条件で高言を吐いていたことは事実です。数日中に、使用条件を訂正しておきます。ごめんなさい。



ただ……

貴重なご意見を頂けても、名無しで本文のみの投稿は、いかがなものでしょうか。明文化していないものの、それはマナーではありませんか?
仰っていることは全く正論です。しかし、名無しの投稿である時点で、不審感を禁じ得ません。次回以降コメントされる時は、そこだけよろしくお願いしますね。


忌憚のない率直なご意見ありがとうございました。

No title

あなたは日頃「フォントの使用条件を守れ」と高言なさっていますよね。
一方であなたは、「日常」や「プリキュア」のキャラクターをこのサイトに掲載しています。
これは著作権侵害ではありませんか?
これらのキャラクターは、多くのフォントと同様に、作者が苦心の末に生み出したものだと思います。そうしたものを著作権者に無断で掲載しながら、自身のフォントについての使用条件は守れというのは説得力に欠けると思います。