PCでこのブログをご覧になる時の推奨ブラウザは、Chrome・Firefox・Edge・Safariです。
Internet Explorerでは、一部コンテンツが正常に表示されない場合がありますのでご注意ください。

テキストのイメージを変えられます。

※「映画」は表示に時間がかかります。
※ページ移動or更新すると「真面目」に戻ります。

トップへ
今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを連続でクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

20141012日(日)09時27分

盛大にお祝い!めぐみ&オレスキーの誕生日!!

『愛がいっぱい!
めぐみのイノセントバースデー!』


めぐみの誕生日!盛大にお祝い♪
…なんだけど、落ち込んじゃって元気が無いめぐみ。
しかも運が良いのか悪いのか、同日はオレスキーの誕生日でもあった…。




めぐみのお母さんは病気だったんだ…(´・ω・`)
気持ち切り替えられないよね、そりゃあ…。

今回のめぐみのように、落ち込んでる時に限って、なぜか本来なら自分にとってうれしいはずの出来事が重なることってあるよね。
お話ではその出来事をきっかけに元気になったり…ってあるけど、現実ではそう上手くは行ってない気がする。
ネガティブな思考に陥ってしまうと、あれもこれも否定してしまう。人間の愚かなところかもね。


しかし一方で、(まぁお話だし笑い話なんだけど)オレスキーのように「俺の誕生日だから祝え!!」と傲慢な態度を取る人間。
誕生日を祝えというガキのような思考の大人は現実にはまずいないにしても、自分では努力も何もせず、思い上がって自分はすごいとばかりの根拠の無い自信を持って、人を見下す人間は現実にいる。

こういう人間は、本人はそれを幸せに感じていても、誰からも相手にされないし、周りから見れば不幸だ。
それに気づかないオレスキーも不幸な人間だよね。

まぁオレスキーはそんなキャラだけど、なぜか憎めないわけだが(笑)。


だけどもオレスキーもきっと、祝って欲しかったんだろう。
めぐみと一緒に祝ってあげて欲しかったなぁ(´・ω・`)(本人が逃げていっちゃったけど)



しかし…めぐみって何者なのだろう、と思ってしまうくらいの盛大なお祝いだった。
外国ではよくパーティーなんてやったりするけど、日本にはそういう習慣無いよね。

でも日本人って、何かと地味な気がする。
日本人がストレス抱えやすいのって、外国人と違ってHAPPYな時にその気持ちを精いっぱい(むしろ大げさなくらいに)出さず(出せず)、ネガティブな思考を抱えやすく、それが周りの人たちにも伝染してしまうからかもしれない。
逆に異常なまでにテンションが上がってる人を見ると、日本人は、その人にどんなにうれしい出来事があったとしても、その人を白い目で見てしまう…。
昔の日本であればそれが日本人の良いところ、とも捉えられたのかもしれないが、今の日本の社会ではただただ暗いようにしか見えないよね(苦笑)。

めぐみの誕生日パーティーには抵抗を感じたが、逆に日本の地味な誕生日パーティーをプリキュアで再現したら、ちょっと寂しくなっちゃうね(;´・ω・)

あれはきっと、日本の誕生日もこうあるべき!!という風刺的な意味合いがあったのかも…?!(それ、言いすぎ)



次回からは、そろそろハピプリも例年のプリキュア同様、終盤のストーリーに入っていくみたいだな。

ハピプリ、まだ始まったばかりだと思ってたのに、終わっていくのも早いね(´・ω・`)
まっ、最後まで楽しもう~。


次回にも期待して、ィヨロシク!!
関連記事