PCでこのブログをご覧になる時の推奨ブラウザは、Chrome・Firefox・Edge・Safariです。
Internet Explorerでは、一部コンテンツが正常に表示されない場合がありますのでご注意ください。

トップへ
今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを連続でクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

キーワードで記事を検索できます。

20150118日(日)09時33分

かなわなかった愛…惑星レッドの涙

『憎しみをこえて!
誕生!フォーエバーラブリー!』


地球に迫る赤い星(惑星レッド)…。
地球のプリキュアは、ただただ祈ることしかできなかった…。
そんな中、ハピネスチャージプリキュアは、レッドへの説得を続けるのだった。




ブルーは地球、レッドは惑星レッド
それぞれを守る神様なんだね。
だけども惑星レッドは滅んでしまった…。
その恨みと悲しみで、レッドは悪の道を進んでしまったわけだ。


レッドどプリキュアの戦いを見てると、レッドは、プリキュアや地球を滅ぼしたくて戦ってるというよりかは、自分がどれほどの憎しみを抱えてるのが知って欲しい、悲しみを受け止めて欲しい。そんな思いをプリキュアにぶつけてるって感じがするんだよね。

惑星はまずありえないけど、自分が守るものが滅んでしまったら…。
たとえ守ることが不可能だったとしても、「守りきれなかった」ショックは大きいよね。
でもショックが大きいってことは、それだけそれを愛していた、とも捉えられる。
レッドだっておんなじで、惑星レッドを本気で愛していたんだね。

誠司も、今回ラブリーを守ったよね。
惑星に比べれば小さなものかもしれないけど、愛の力でいえばおんなじなのだろう。


でもレッドの言い分「愛は幻」っていうの、わかる気がするなー…。

――誰か・何かを好きになる気持ちとか、大切に思う気持ちとかってはかないもので、あるとき突然潰えてしまったりする…。
愛していた分、それが大きな悲しみ、時には憎しみへと変貌する…。
愛は素晴らしいものだけど、それは、時には悲しみ、憎しみを生む元凶とも捉えられるのかもしれない…。

愛で何もかも救えるものじゃないっていうのももっともだよね。
結局、そう思うようには行かないのが現実だ…。
でもみんな、きっと上手く行くと信じたい。だから愛にすがりついてきた。そんな感じじゃないのかな。



次回が『ハピネスチャージプリキュア!』の最終話だ。

今、プリンセス、ハニー、フォーチュンは封印されてるけど、このままラブリーだけがレッドを救う、って展開になるのかな?
それだとちょっと納得行かない。
やっぱり最後は、ハピネスチャージプリキュアの4人揃って、フィナーレとして欲しいな。


さぁて、最終話はどうなるのかな?!

ハピプリもあっという間だったわ~~。
だけど再来週からの『Go!プリンセスプリキュア』も楽しみ♪



最終話にも期待して、ィヨロシク!!
関連記事