PCでこのブログをご覧になる時の推奨ブラウザは、Chrome・Firefox・Edge・Safariです。
Internet Explorerでは、一部コンテンツが正常に表示されない場合がありますのでご注意ください。

トップへ

今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを順番にクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

20150414日(火)18時54分

逃げるなら今?過去最高 5000字レポートの授業

今日は1・2限のみ。


履修登録の件、教務課で尋ねたところ、どうやら僕や教授と教務課の間で認識が違ったようだ。
4年生優先の科目だったらしい。

高校までと違って、大学は会社に近く、それぞれ担当の部署がある。
担当の部署は、基本的には担当のことしか知らない。
だからこういう認識の違いが生まれる。面倒だな…。


2限の授業、一般教養なんだけど、(今日はオリエンテーションなので)教授が忠告してくれた。
というのもその授業、期末レポートの文字数がめちゃくちゃ多い(5000~6000字程度!)のだ。
しかもテーマに沿って書くだけでなく、それまでの授業内容もしっかり踏まえて書かないと、減点されるみたい。

何で教授がそんな忠告をしてくれたかというと、早い段階で教務課に言えば、任意の履修科目を取り消す(=履修登録してなかったことにする)ことができるんだよね。
ただしそれも期限があるから、レポート無理、って人は早めに逃げた方が良いようだ(笑)。

僕もこれを聞いた時は尻込みしてしまったが、でも少し頑張ってみようかなと思った。(小声)
レポート書くのはつらいけど、言い換えれば、学生のうちしかレポート書けないもの。
レポートは自分で資料を探し、調べつつ、自分の見解を述べるものだから、書く中で勉強になることがあったりもするしね。



学校のことは良いのだが、家に帰って、久々に荒れてしまった。

理由はもはや自分でもよくわからない。突然スイッチが入った。

でも遠因(?)になってるものはだいたい推測できる。
新年度の疲れに加え、4月に入った頃から雨の日がものすごく多くなった。それによる疲れだろう。

空が晴れないのは仕方がない。僕に限らず、その空の下で生きる人はだいたい同じような悩みを抱えるだろう。

だが、甘えかもしれないが、こういうことを「みんな同じ」と流されるのは、僕はあまり好きじゃない。
僕が言うことじゃないが、雨が降っていて、それによってどのような気持ちになってるかは人それぞれだから、天秤に置いて量れるものではないのではないか。
雨が降って、濡れるのが嫌だからうんざり、という人もいれば、空が晴れないと心も晴れないから嫌だ、という人もいるだろう。

みんなと横に並んで、何もかも平気なフリして生きていくってつらいことだ。
弱音を吐けば、すぐ甘えだとか努力が足りないだとか言われるから、信頼できる人(いろんなことを話せる人)がいなければすぐにつぶれる。

こういう社会をよく社会の“厳しさ”と言うけど、僕はむしろ“冷たさ”だと思っている。
みんな自分のことで精いっぱい。だから他の人のことなんて構ってる余裕ない。だから冷たい。
それを正当化する「キレイな言葉」が、社会は“厳しい”だと思うんだよね。


ちなみに僕、親には昔からよく「わがまま」「思いやりがない」と言われている。

これだけちゃんとやろうとしてるのに、そんなに僕にはまだ何か足りないのだろうか。



明日はキャリア関係の授業だから、2コマで終わるけどしんどいな。
講義でない、自主参加型の授業(いわゆる演習)って神経使うよね。
そう思ってる時点で、僕も箍が緩んだ他の日本の大学生と同類なのかもね(笑)。


以上、ィヨロシク。


150312_081626.jpg
関連記事