PCでこのブログをご覧になる時の推奨ブラウザは、Chrome・Firefox・Edge・Safariです。
Internet Explorerでは、一部コンテンツが正常に表示されない場合がありますのでご注意ください。

トップへ

今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを順番にクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

20150817日(月)17時27分

自主性を育てる第一歩?夏休みの宿題一番の悩み

今日は最高気温29度!
今朝は23度しかなかったので、久々にエアコンを切った。

だけど、雨で湿度が異常に高かったためか、熱中症指数は「厳重警戒」となっていた。
気温が全てじゃないってことか…。


ちなみに昨晩は一睡もしていない。
寝られなかったんだけど、それは遊び過ぎて目が冴えたからだ(笑)。

僕は夜型だから、昼間よりも夜活動する方が楽しいんだよね。



――小学生からすれば、もう夏休み終盤だ。
僕ら大学生は、(大学にもよるだろうけど)9月中旬までだから、まだまだ序盤だけどね(笑)。


小学生時代、よく悩んだのが、自由研究や読書感想文。
これらを何てことなくこなした、という小学生はほとんどいないと思う。

読書感想文はまだしも、自由研究って大学の課題並みか、それ以上に難しいと思うんだよ。

大学で教授に課題を出される時は、曖昧な説明で、あとは全部自分で考えろ、ということが多い。
これって難しいようだけど、大学入ってから、それなりに説明がある分まだ良いな、と思うようになった。

でも自由研究って、大抵何の説明もないじゃん?
だから何もわからないで、いつも工作キット買って物作って提出してた。
これじゃ何も伸びないよね。

他の授業と違い、自由研究は「指示され、その通りにやる」という課程が全くと言って良いほどないから、小学生には難し過ぎると思うんだよね。

小学校の教育って、「~しなさい!」「~を覚えなさい!」で子供たちを惑わすばかりに思えるけど、時にはこうして丸投げになる。
自主的に勉強する姿勢が特に重要視されるのは大学生から、と言われるが、たとえ小学校でも、「学校」に行く年齢になったその時点で、もう自主的にいろんなことを学ばなきゃいけないのかもしれない。
勉強というものそのものが、能動的な姿勢を必要とするものだからね。

それにしても自由研究は難しいと思うな。
だからって、何も考えず、工作キットで説明書通りに物を作っただけのものを提出するのも惜しい気がする…。



以上、ィヨロシク!!



DSC_0480.jpg
関連記事