PCでこのブログをご覧になる時の推奨ブラウザは、Chrome・Firefox・Edge・Safariです。
Internet Explorerでは、一部コンテンツが正常に表示されない場合がありますのでご注意ください。

トップへ
今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを連続でクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

キーワードで記事を検索できます。

20150825日(火)12時12分

挫折でピリピリ…ちょっと悲しいゆうきとの再会

※関西地区では遅れて放送。
『ガンバレゆうき!
応援ひびく夏祭り!』


今日は夢ヶ浜の夏祭り!
そこではるかは藍原ゆうきと再会するが、片腕を怪我していて、テニスができない状態に…。
平気な振りをするゆうきを元気づけてあげようと、はるかとゆうきファンが奮闘する。



夏祭りかぁ…。

プリキュアの浴衣姿にデレデレのファンも多そうだが、僕、あまり女の子の浴衣姿って興味ないんだよね(^_^;)
浴衣に限らず、和服の女の子自体、あまりかわいいと思ったことはないかも…。



腕を怪我してしまったゆうき…。
スポーツする人って、利き腕が怪我しないよう、普段からものすごく気を遣っていると聞く。

コーチからも、テニスができる状態じゃないからと、レギュラーから外され、ランニングばかりさせられてるんだってね。
ランニングも体力維持のためには大切だけど、大好きなテニスができないのはやっぱりつらいよね。
ゆうきのファンの女の子たちは、「テニスしてる時のゆうきくんだけが格好良いんじゃない。」って言ってくれてたけど…。


しかし幼い頃からスポーツをあまりしない僕は、今回のおはなしは共感しづらい部分が多かった(汗
“スポーツに打ち込む情熱”。それがどういうものなのか、あまりピンとこないんだよね。

だけども何かに打ち込もうとすること、また、それが何らかの理由で妨げられた時の悲しみは同じなんだろう。
僕だって、漢検を受けようとしていたのに、検定日に体調不良になって検定受けられなかったら悔しいしね。(実際にそんなことが過去にあったが、その時は無理に受けに行った。その検定で準1級に合格。)

ゆうきだって、次があるとは言っても、「その時」の試合に力を注げない悔しさがあるのだろう…。
今回のゆうきはかなりピリピリしていたしね。
「その時」のために、練習続けて頑張ってきたのだから、「次頑張れば良い」は、本人には案外酷な言葉かもしれない。
まあ周りの人はそう言ってあげるしかないんだけどね…。

しかし情熱があるから、少々のことで挫けてしまっても、また立ち上がれるのだろう。
情熱がなければ、もう良いや~と簡単に放棄しちゃうだろうからね。


今回のサブタイトルに“応援ひびく夏祭り!”とあるが、それだったらもう少し、ゆうきにまつわるエピソードを入れて欲しかったな。
ちょっとおはなしが薄っぺらいように感じられた。



次回にも期待して、ィヨロシク!!
関連記事