PCでこのブログをご覧になる時の推奨ブラウザは、Chrome・Firefox・Edge・Safariです。
Internet Explorerでは、一部コンテンツが正常に表示されない場合がありますのでご注意ください。

トップへ

今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを順番にクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

20150904日(金)20時11分

調子乗って怒られた!?慣れが怖いインターンシップ

天気の悪い日が続いていたが、今日は久々に晴れた。

昼間、緊急地震速報のアラームが鳴った。
びっくりしたけど、訓練の一環だったようだ。



9月中の研修は3日目、7月26日の研修を含めると4日目。
ようやく少し慣れてきたな、って自覚できた感じ。
それもあってか、今日は眠たくならなかった。

しかし“慣れ”は怖いもので、少し調子に乗った行動をしてしまい、数回注意された。

慣れてくるとつい、「ここではこうすりゃ良いんでしょ?」というわかりきった態度で行動してしまう。
だけどそれは間違っていることもしばしばある。
「“慣れ”ほど怖いことはない」って、どこかで何度か聞いた気がするけど、その意味がますますわかった気がする…。

最初は不安定(不慣れ)で、徐々に安定してきて(慣れてきて)、でもまた不安定になる…。
そうして本当の意味で少しずつ、安定していくのが仕事をすることなのかな。自転車のようだ。


しかし、施設の利用者の人には顔や名前を覚えてもらえるようになってきたし、徐々に僕が施設に馴染んできた感じはある。

今日も、僕が漢検準1級を持っていることを自己紹介で発表すると、「薔薇」(本当は1級レベル)のような難しい漢字を書いてみてくれと数回リクエストされたので、僕はしれっと書いた(黙


また、利用者の人とコミュニケーションが取れる良いタイミングがあったので(ないと上手く話せない…)、自分で考えて話しかけてみたりした。
障害者の人たちは、普通の人と違い、純粋に建前とか社交辞令なんて汚さのない言葉で話してくれるから嬉しい。


必ずしも利用者の人とコミュニケーションを取ることだけが良い、とも言えないのかもな。
例えば僕なら地味な作業が得意だから、そこで自分の力を発揮して、利用者の人たちに協力することもできるかも。

結局、このインターンシップって、どこの企業に行くにしても、何を学ぶかなんて最初からは決まってなくて、自分が何を学びたいか、なんだと今さらながら自覚できた。
そもそも大学自体がそういうところだものね。



――今週の研修は明日(土曜日)で終わりだ。
来週は7日(月曜日)から12日(土曜日)まで6日連続と少しきつくなるが…。

次回からは、職員さん同士が終業時にやってるというミーティングにも参加させてもらえることになった。
いろんなことを聞いたり(教えてもらったり)、話したりできる機会になりそうだ。


最近、挫けそうで毎晩のように泣いてるけど……踏ん張らなきゃね(震え声)。



以上、ィヨロシク!!



DSC_0587.jpg
関連記事