トップへ

PCでこのブログをご覧になる時の推奨ブラウザは、Chrome・Firefox・Edge・Safariです。
Internet Explorerでは、一部コンテンツが正常に表示されない場合がありますのでご注意ください。


今後のフォント作りの励みになりますので、↑の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを連続でクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

ブログランキング・にほんブログ村へ
同様に↑こちらも1日1クリックして頂けると幸いです。

キーワードで記事を検索できます。

20151220日(日)09時19分

自分の夢?両親の気持ち?みなみのゆずれぬ思い

『伝えたい想い!みなみの夢よ大海原へ!』
些細な好奇心から始まったみなみの夢。
しかしみなみは、将来両親の仕事を継ぐはずだった。
それでも夢は捨てられない!みなみは、両親に自分の夢のことを話す。



「波はどこから来ているのか?」
「イルカはなぜ高く飛び跳ねられるのか?」
幼い頃に、視点は様々だけど、誰もが少しはこういったことを考える。
みなみさんの夢は、こんな小さな疑問を持ったところから始まったんだね。

幼い頃から、両親に「お前は家業を継ぐんだ」と教えられてきた子供って、どんな思いを持って育つのだろう?
“夢”というものと出会った時に、どんな思いを持つのだろう?

自分が持った夢を、自分の努力だけで叶えられる。
当たり前のように思えるけど、それがいかに幸せなことかがわかるね。

みなみさんのお兄さんもご両親も、みなみさんの夢を受け入れてくれた。
親からすると、家業を継ぐよりも、子供の思う道を進んで欲しい。そう思うものなんだね。(必ずしも、じゃないだろうけどね。)
みなみさんは良い家庭で育ったと思う。


――その一方で、シャットさんはどうなるのか…。
懇願してプリキュアを倒すチャンスをもらったものの、失敗してしまった…。

シャットさん、ほんと不憫だよね。
ロックがいた頃からそうだったけど、いつも置いてきぼりにされていた。

いっそのこと、改心して、プリキュアと一緒にディスピアと戦って、その恨みを晴らせたら良いのにね(苦笑)。



次回にも期待して、ィヨロシク!!
関連記事