PCでこのブログをご覧になる時の推奨ブラウザは、Chrome・Firefox・Edge・Safariです。
Internet Explorerでは、一部コンテンツが正常に表示されない場合がありますのでご注意ください。

トップへ

今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを順番にクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

20160117日(日)00時44分

忍者VS戦士

ありそうでなかった!?忍者と戦士の戦いを描いたアニメ。

このアニメは、まだ僕が自分のPCを持っておらず、親と共用のもの(Windows XP)を使っていた頃に作った作品。
親がPC使う時は作れないから、親のいない時にちょっとずつ作っていた。
中学生になるかならないか。まだ小学6年生の時だったと思う(2007年)。
55秒の短いアニメではあるが、フレームレートを1秒24コマに設定し(他のアニメはだいたい1秒12コマで作っていた)、より細かい動きを再現できるようにしていた。
そこだけはテレビアニメの手法を真似ていて、24コマも使わないところは、リミテッド・アニメーションと同様の手法で作っていた。

コマ数が多ければ良いというものではなく、動きによっては“3コマ撮り”と同じことをして、1秒8コマくらいで動かした方が案外不自然に見えなかったりする。
まだ小学生で、自分でアニメを見て研究しただけなのに、その辺の事情をなぜか当時からよく知っていたのだ、僕は。


動きにあまりキレがないものの、自分では結構気に入っている。
最初のタイトルのアニメーション(手裏剣が飛んできて剣が落ちるところ)など、センスがあるかないかで言うとわからないが、小学6年が作った作品にしては上出来じゃないだろうか? 
この頃の溢れ出るような感性がもうないし、自分ではそう思いたいんだよ(笑)。


 

 
(作品時間:55秒) 
アニメ制作:takumi
完成:2007年
使用ソフト:MONOmation Studio FS
関連記事

コメント

  • ★の項目は必ず入力してください。
  • 記事の感想、意見など、何でもお気軽にどうぞ。takumiは大いに喜びます。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよくご確認になった上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントにお書きになって送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にて返信させて頂きます。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。
非公開コメント