PCでこのブログをご覧になる時の推奨ブラウザは、Chrome・Firefox・Edge・Safariです。
Internet Explorerでは、一部コンテンツが正常に表示されない場合がありますのでご注意ください。

テキストのイメージを変えられます。

※「映画」は表示に時間がかかります。
※ページ移動or更新すると「真面目」に戻ります。

トップへ
今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを連続でクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ内記事を検索できます。

20160202日(火)21時30分

暗い話は明るいうちに?ユウウツ…就職部面談

DSC_1948.jpg
↑去年、コナンの映画見に行って記念に買ったキーチェーン。お気に入り☆(当時の日記



昨日のポートフォリオの件があり、InDesign頑張って覚えようとするも、やっぱり難しい…。

しかし、マスターページの概念とか、ノンブルの振り方とか、超基本的なところの一部はわかった。
Twitterで懇切丁寧に教えてくれた人、ありがとう(*´∀`)

InDesignの本とかあれば良いんだけど、書店探してもPhotoshop・Illustratorばっかりでないんだよね(-_-;)



――今日は2・3限が試験だった。

2限は持込自由(電子機器を除く)だったのだが、3限は一切持込不可だったんだよね。

しかし試験やる度に思うけど、持込自由の試験も、油断していると結構つまずく。
授業をちゃんと聞いて、ある程度知識を頭に入れておかないと、問題が資料(教科書)のどこから出題されているのか瞬時に把握できず、戸惑うことがあるんだよね。
だけど資料のどこかに書いてあるのだろうからと、あたふたしながら資料を漁って、最後まで諦められずに教室にいたり…。
どこまでも楽な道って、あるようでないんだな…。

持込不可の試験の方がある意味気楽だった。自分の実力を試すのみだからね。
試験勉強した分、答えられる問題は答えて、答えられない問題は捨てるってことができるから。


しかしどっちの授業の試験も、悪い評価は付かないだろう。
ベストは尽くしたし、そもそも空欄はほとんど(それも正しく)埋められたからね。


また、3限は試験が始まるかなり前から教室にいたから、先生(女性)と少し雑談をしていた。
その時に、先生がホワイトボードに書いたちょっとした漢字の間違いを指摘すると、「漢検持ってるんでしょ!?」と言ってきた。
ビックリ!「え?何で知ってるんですか!?」と。
僕は一度も話した覚えがなかった。
そこで先生からのリクエスト、「薔薇」と「鬱」(ついでに異体字の「欝」も)を教室のホワイトボード上で披露した(笑)。

その先生、自分と人(相手)との会話だけじゃなく、人と人との会話も、耳に入ってくると結構聞いてしまうらしい。
僕がある日、ある学生と何気なく会話していた時に、漢検の話をしていたのを聞いていたようだ(後ろの方の席だけどね)。

しかし、僕は別に構わないが、相手に気を付けないと今の時代はストーカーになり得ないぞ~。
聞こえてくるのは仕方ないし、聞くだけなら良いけど、あまりあれこれ聞いたって本人に言わない方が良いんじゃないか?
まぁある意味、相手のことに関心を持ちつつ、相手と付き合っていけるから、世渡り上手な人とも捉えられるけどね。



――夕方は就職部で面談の予約入れてたからしたけど、あまり良い調子で話ができなかった…。
やっぱりこういう話は、空が明るい時にした方が良いね。
太陽の光って大事だと思うよ、ホント。

いつもは朝イチに予約入れてたんだけど、今回は予約がいっぱいで、遅い時間にしか入れられなかった。

たとえ落ち込む日でも、ちょっとでも明るい気分なくさずに過ごせたらな…。
それってのは要するに、気分転換を上手にしたいんだよ。
僕は特にそれが下手だから、損していると思う…。

とりあえず、できそうな時に、就職部から出された履歴書を作っていくためのワーク、やっておきます(苦笑)。



以上、ィヨロシク。



DSC_0435_2016020220351644b.jpg
関連記事