PCでこのブログをご覧になる時の推奨ブラウザは、Chrome・Firefox・Edge・Safariです。
Internet Explorerでは、一部コンテンツが正常に表示されない場合がありますのでご注意ください。

テキストのイメージを変えられます。

※「映画」は表示に時間がかかります。
※ページ移動or更新すると「真面目」に戻ります。

トップへ
今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを連続でクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ内記事を検索できます。

20160306日(日)18時48分

企業も学生も同じ?小さな可能性に懸けた闘い

今日は熊本かどこかで夏日を記録。
つい数週間前まで寒かったのに、もう夏の暑さか…ってね。

大阪はそこまでじゃなかったんだろうけど、スーツは暑かった…。
これで真夏35度とかなったら、マジ死ぬわ。
早めに就活終わらせるしかないね。



――ってわけで、今日も説明会行ってきた。
昨日思った通り、2日や4日の説明会に比べると、規模は小さかった(出展企業は3分の1程度)。


一応今日の説明会は、「服装自由」だったのだが、スーツで行った。
こういう言葉にはウラばかり。そんな日本の社会が嫌だけど、従うしかないね。

しかし、華美な私服の学生もいた。
特に女学生。赤のセーターとか、酷い子ならホットパンツみたいなの穿いて来ていたりね…。

たぶん僕が思っているほど、「服装自由」は縛りのあるものではないのかもしれないが、服装自由にすることで、どの程度良識があるか、企業は見ていると思う。
私服と言っても地味な色を選んだり、襟のあるものを選んだり、ね。
まぁやっぱりほとんどの学生はスーツで来ていたが(そもそもこういう場面で私服だと不安だよね)。


いろんな説明会参加して、いろんな企業の説明聞いていると、その説明にはだいたい共通点があるのが見えてくる。
特に企業がどういう人材を求めているか、がね。
コミュニケーションがちゃんと取れるか、主体性があるか、など、どこ行く(就職する)にも大切なことなのだな。


こういう合同の説明会、名の知れた企業だと、多くの学生が集まり、満席で立ち聞きする学生まで出てくるほど集まるのだが、あまり名の知れていない企業だと、全く人がいなかったり(企業の人もなぜか離席中だったり)と、かなり格差(?)がある。
だからどこの企業も、学生を呼び込むために必死なんだね。
就活始める前、まだ僕がもっと見識の狭かった頃は、企業はもっと偉そうな(「こっちは雇ってやるんだ!」という)態度で学生を見ているのかと思った。

学生は50社、100社…とエントリーして、選考は落とされるのが当然。それが就活。

だけどもそれは企業も同じで、合同説明会では腐るほど学生が来るのに、ある1つの企業のブースに来てくれる学生はごくわずかだ。
そこから個別説明会に来てくれる学生、さらにそこから選考に進む学生、さらにさらにそこから自社に入ってくれる学生…。これだけふるいにかけると、もう何分の1だかわからない。
それなのに自社に来てくれること期待して、企業の人事担当の人は自社の魅力を一所懸命話してくれるんだから、感謝しないとね。


いつもいつも厭世の酷い僕だけど、ある意味それは、この世の中を憎めないから、この世の中が好きだから、なのかもしれない。
好きだから、もっと良い世の中になって欲しい、って思いも強くなるのだろう。

本当に世の中に絶望していた頃は、自殺未遂繰り返していたからね…。
ある時は閉鎖病棟にぶち込まれても暴れ、またある時は親に暴力振るって警察呼ばれて保護され、それでも立ち上がってこうして未来の自分のために頑張っている僕のバイタリティって、そこらの20代にはないと思うよ?

…って、誰かに言っても仕方ないけどね。



●最近購入したコミック
新装版 サイボーグクロちゃん(4) (KCデラックス コミッククリエイト)
横内 なおき
講談社 (2016-02-23)
売り上げランキング: 2,333

最近就活のことで頭がいっぱいで、なかなか買えなかった。
この次の5巻はAmazonで予約したので、今月下旬頃に届くはずだ。



以上、ィヨロシク!!



DSC_0739.jpg
関連記事