PCでこのブログをご覧になる時の推奨ブラウザは、Chrome・Firefox・Edge・Safariです。
Internet Explorerでは、一部コンテンツが正常に表示されない場合がありますのでご注意ください。

トップへ

今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを順番にクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

20160415日(金)19時01分

余震100回超!?熊本で震度7 5年ぶり大地震

4月20日の日に、某社の説明会に持っていく予定のエントリーシート(履歴書だと思っていたら持っていくのこっちだった)、とりあえず完成…かな。

ちょっとあれこれ翻弄され過ぎている。優先順位を付けて考えないと。
それがヘタクソなんだけどね。



――昨晩21時26分頃、熊本地方で震度7の地震。
気象庁は、これを「熊本地震」と名付けた。
特に益城町という所で、被害が酷かったらしい。

速報が流れてしばらくして、その時放送されていたテレビ番組は中断され、次々報道特別番組に変わっていった。
地震そのものは、日本では珍しいものではないから、番組を中断してまで取り上げられることは少ないが、昨晩の地震はものすごかったらしい。
こんなの、東日本大震災以来かもしれない…。

この地震、余震も震度6クラスのものが来て、激しかったようだ。
昨晩から、100回以上余震が観測されているという…。


ひとつ救いがあったとすれば、津波が来なかったことだろう。
東日本大震災の時に最も恐ろしかったのは、地震もそうだけど、何より津波だったように思う。
この熊本地震クラスになれば、同様に津波が来てもおかしくはなかったから、それが来なかったことは不幸中の幸いだね。

ただ、九州地方に多くある、阿蘇山などの火山活動に影響を与えないか、という懸念はあるようだ。
気象庁いわく、「この地震で火山活動に大きな変化はなかった」ようだが、念のため、様子を見た方が良いとのこと……。


過去の大地震でもそうだった気がするが、こういう時、マスコミはより早い情報を求めてか、被災者(素人)にインタビューすることがある。
電話の音をスタジオに流して、アナウンサーとやり取りする奴ね。

これは本当にやめた方が良いと思う。
必ずではないが、情報が不正確な場合があるし、何よりこういう電話に出る人というのは、純粋に情報提供したい人でなく、電話に「出たがり」な人も多いからね。

複数人にインタビューし、後ほどそれを放送するのは良いと思うけど、情報が整理できていない時に、たった1人に電話をかけて話を聴くと、その情報が全てのように聞こえてしまうから、リアルタイムでの被災地への電話インタビューは本当にやめるべきだと思う。


また、特に高齢者など、避難所にペットを連れて行く人。
これも、少し考えればわかるが、やめるべきだよね。

「寂しい」「不安」という気持ちは誰もが抱えるもの。
その中で少しでも安心できるものがあるなら持って行ければ…と思うけど、生き物は迷惑になるよね。
この前の話ではないけれど、ほんと、ペットと人間を同一視してはならない。

ペットは人間の言葉がわからないからね。
飼い主は、「ウチの子がそんなことするわけない!」なんて思っているんだろうけど、当然、人間ほどの知恵があるはずないのだから、犬などであれば、突然暴れ出して、誰かに噛み付いたりすることもあるだろう(飼い主は人間なのになぜそれがわからない?)。

言い方悪いけど、飼い主は、ペットと同じでなく、人間と同じくらいまで知能レベルを上げて判断するべきだね。

事実として、ペットを「我が子」「家族」などという人は、思考回路がどこか狂っている気がしてならない。
人間であるならば、本当に守るべきもの、迷惑をかけてはならないものが何なのか、判別する力くらい持ってろよ。



地震のことがあって寝不足だ。
なんかこういう時って、被災者じゃなくても何となく不安になっちゃうんだよね(-_-;)


以上、ィヨロシク。



DSC_0737.jpg
関連記事