PCでこのブログをご覧になる時の推奨ブラウザは、Chrome・Firefox・Edge・Safariです。
Internet Explorerでは、一部コンテンツが正常に表示されない場合がありますのでご注意ください。

トップへ

今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを順番にクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

20160515日(日)16時34分

印鑑に手汗…理解サレナイ 履歴書作成の隘路

今日は某社に出す履歴書作り。
1社分だったのですぐに終わったが、5月中に2回、障害のある(障害者枠希望の)学生向けの面談会もあるので、そこで出す履歴書の仕上げもしていた。

募集要項を見ていると、障害者枠の場合(一般枠でも応募しているけどね)、学校指定か企業側が指定する履歴書を郵送で提出して応募する場合が多く、ネット上から応募できるのが意外と少ない。
それが面倒に感じて、一般枠にしておくか、と考えることもあるんだけど、それは早計だったな…。

だけども僕の場合、能力はあるから、あとは企業側とのマッチングだと思うんだよ。(…って、アドバイザーの先生に言われたんだけど)
だから、一般枠の選考も無理なわけではないんだけど、障害があるせいで何が起きた場合、自分にも企業にもリスクになるから、障害を隠して入社することは、就職部からはやめておいた方が良いと言われている。
自分でも、たとえ一般枠で入社するとしても、障害のことを隠し通すことはしないつもり。



履歴書書いていて思ったけども、履歴書は書くのがしんどいというよりも、100%きれいに押せる保証などないのに、滲みもカスレもなくきれいに押さなきゃいけない、サインで事足りるのに我が国の古臭いルールがいつまでも踏襲されているせいで変わらない「印鑑」を押すこと…。
(このことは前にも言ったけど、僕は自分が気に入らないことは何度でも言うからね。少なくともこのブログでは。)

そんなに日本人って、筆跡が信頼できないのか?
本当は筆跡鑑定などできないものなの?
そう疑いざるを得ないくらい、我が国の印鑑というものへの信仰心が強すぎて正直怖い。
サインと違って、簡単に偽造できちゃうじゃん…。

とはいえ、ルールだから、従いざるを得ないけどね。
履歴書に限らず、役所とかで扱う公文書なんて、あと半世紀くらいしても現役で印鑑が活躍していることだろう(笑)。

“古い”ってだけで、その習慣は改め難いものになる。
それは我が国に限らず、案外どこの世界でもそうなのかもしれない。


それからこれは僕自身の問題だけど、僕、手汗をよくかくんだよね。
だから、履歴書書く時に、紙が濡れてしまわないように、いつも気を遣っている。
持っているだけでも湿ってくるからね(^_^;)

…気持ち悪いって思うかもしれないけど、僕も好きで手汗なんてかいているわけじゃないからね。
なってみると本気でつらいものだよ?(´・ω・`)


以上、ィヨロシク!!


DSC_0821.jpg 
関連記事