PCでこのブログをご覧になる時の推奨ブラウザは、Chrome・Firefox・Edge・Safariです。
Internet Explorerでは、一部コンテンツが正常に表示されない場合がありますのでご注意ください。

トップへ

今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを順番にクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

20160626日(日)09時26分

はーちゃんを返して!悪の首魁?ドクロクシーと決戦!!

『STOP!闇の魔法!
プリキュアVSドクロクシー!
リンクルスマホン・ストーンを奪い、「闇の魔法」の力を発揮したドクロクシー。
「はーちゃんを返して!」もらうため、ミラクル&マジカルは戦いを挑む…。



ドクロクシーが本領発揮…!本当に早いね!(^_^;)
この早い展開は完全に、黒幕はあくまでドクロクシーではない、ということを悟っているような…?!

そんな黒幕はヤモーではないかと予想していたが、ヤモーは自らドクロクシーの力になるために、ドクロクシーに飲み込まれていった…。
敵だというのに、それを必死に止めたモフルンと校長先生。なんて優しいんだ(´;ω;`)
悪党だろうと、決して見殺しにしない「優しさ」は、プリキュアだけに備わっているものじゃないということだね。

しかし「ヤモー=ヤモリ」から想像できることだが、「秘技・しっぽ切り」には思わず吹いてしまった。
たぶんこの時限りしか役に立たない技だろう(笑)。
どうせそのまま飲み込まれていくなら、もっと凄い技見せて欲しかった(´・ω・`)


そして、ドクロクシーの本体であったクシィが姿を現した。
この人、校長先生の旧友だったんだってね。

自ら闇の魔法を研究し、手に入れるも、その力に飲み込まれてしまったという…。
優秀な魔法つかいだったらしいし、きっと気難しい人だったんだろうね(苦笑)。

現実でも、優れた人というのは、常人が「バカじゃないの?」と思うようなことをやらかしてしまう。
だけども実はそんな人のおかげで、世界は上手く回っていたり。そういうものなのだ。

校長先生もそうだろうけど、クシィには聞きたいことが山ほどあるぞ。
だからこのままいなくならず、できたら復活して欲しいな。
もちろん、ドクロクシーとしてでなく、クシィとして…ね(笑)。


――そしてはーちゃんは、次回より3人目のプリキュア「キュアフェリーチェ」になるぞ!
かなり前から予告されていたことだから、不思議にも思わないけどね(笑)。



ドクロクシーの件はこれで落ち着いたが、今後はどんな敵が現れるのか…。

黒幕も、あくまでドクロクシーでないことは明らかになった。
これまでの予想通り、ヤモーが復活して黒幕となるのだろうか?
それとも、ヤモーはスマプリでいうジョーカーのような謎の存在のままになってしまうのか?
そうだとしたら、黒幕はどこにいるのか?

プリキュアは毎年、中盤からが面白くなるんだよね(*´∀`*)


次回にも期待して、ィヨロシク!!
関連記事