トップへ

PCでこのブログをご覧になる時の推奨ブラウザは、Chrome・Firefox・Edge・Safariです。
Internet Explorerでは、一部コンテンツが正常に表示されない場合がありますのでご注意ください。


今後の励みになりますので、↑の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを連続でクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

↓当ブログ内の記事を検索できます。

20161009日(日)12時08分

目的はダイエット?5年ぶりに考えるシャリ問題

まだまだ暑さが続くので、半袖・半ズボン(※エアリズム装備)でなければ過ごせないね。
その割に日が短くなってきているから、季節感覚が狂ってくる…。


今日の未明は篠を突くような大雨が降っていた。
どうやら、大雨・洪水警報が出ていたようで…(朝には解除)。
そのせいで、何度も目が覚め、まともに昨晩は眠れなかった…。

また、ここの所、お腹が異常なほど出ることと、首の凝りに悩まされている。
首の凝りは、就活で溜まった緊張がほぐれたからだろうけど、お腹が出るのはなぜだろう…。

お腹が出ると言っても、「ちょっと太ったかな?」とかいうレベルじゃないんだよ。
手で触ってみるとやたら硬く出っ張っているのだ。大食いした後でもないのに。
それもここ1週間くらいの話だからね。
下痢することも増えているくらいだから、ガスが溜まっているのか…。

就活も、親に地域の合同説明会に行けとか言われて、完全に終われた状況ではない。
もちろん、一応就活を終えた今でも目に付く企業があれば受けようかな、くらいに思っているが、僕のモチベーションが回復できていない時に、アレコレ言ってこないで欲しい…。
親も不安なのはわかるけど、動いていても決まらずどうすれば良いか迷うばかりの僕が一番不安なんだよ。(親は僕のように動いてどうにかできない自分の方がつらいと言ってくるけどね)


昼の番組で、「回転寿司屋でシャリを残す女子急増中!」なんて特集をやっていた。
Twitterで、「シャリ 残す」と検索すると、そういう人達が寿司のシャリを残した画像がしばしば上がっているという。
その理由は主に、「太るから」らしい。

ふと、5年前に僕が親と回転寿司屋に行った時に、くだんの女子と動機は違うけど、老夫婦がシャリを「食べ切れないから」という理由で残していたのを見たのを思い出した。(その当時書いた日記はこちら。5年経った今考えるとこんなふうに晒した僕も僕だ)

食べ物を平然と無駄にできる精神。よくわからないね。

ダイエットしたいなら、寿司など食べなければ良い。
シャリを残すくらいなら、スーパーで刺身を買って食べれば良い。
食べ切れないのであれば、最初から食べる寿司の数を減らせば良い。

しかしこういうことができる人達は、それがわからないようです……。
食べ方を見ていれば、その人の育ちがわかるっていうけど、わかる気がする。

だいたい、ダイエットがどうとかいうけど、そんな人間的に問題のある女が痩せた所で魅力的になるわけないでしょ(^_^;)
せいぜい男達に体だけ便利に使われてシマイだよ。いや、本当に。

少々太っていても、美味しい物を美味しく、きれいに食べてくれる女性が魅力的だね。


以上、ィヨロシク!!


★追伸★
今日のサザエさん、家族写真を撮るお話だったんだけど、フィルムカメラでなくデジカメが出てきてびっくり。
波平は何枚も撮って、「消すのはいつでも消せる」と漏らすし、フネも一眼レフカメラを使いこなすマスオに教わり、セルフタイマーを使ってみる始末。時代は変わっていくな…。



DSC_0031_1.jpg 
関連記事

記事を最後までお読み頂きありがとうございます♪
よろしければ以下の各バナーを、1日1クリックして頂けると今後の励みになりますのでよろしくお願いいたします(費用はかかりません)。

コメント

  • 記事の感想、意見など、何でもお気軽にどうぞ。takumiは大いに喜びます。
  • ★の項目は必ず入力してください。
  • 内容をよくご確認になった上で投稿してください。確認画面にはパスワードの入力欄がありますが、後から内容の修正はできません。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントにお書きになって送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にて返信させて頂きます。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れてください。返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。
  • 支離滅裂な内容や、論理性のない批判・罵倒を含む場合は削除する(承認しない)場合があります。また、悪質なコメントは、非公開コメントであっても記事などで紹介させて頂く場合があります。その際のコメントや記事の削除・編集要望には一切応じません。責任を持ってコメントしてください。
非公開コメント