PCでこのブログをご覧になる時の推奨ブラウザは、Chrome・Firefox・Edge・Safariです。
Internet Explorerでは、一部コンテンツが正常に表示されない場合がありますのでご注意ください。

トップへ

今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを順番にクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

20161013日(木)18時35分

信じ続けた世の中の嘘…頑張れば報われる“伝説”

今日は肌寒かったな…。
と思いつつも、1日半袖・半ズボンでいたが(笑)。

空気が乾燥してきたからか、口の周りがカサカサし始めた。
よく髭を剃ることもあってか、痛みがある。
昔から僕は皮膚が弱い方なんだよな…。


嫌な不採用通知から10日が経つ。
あの頃から現在まで、僕は生きていたのか死んでいたのかわからないくらいぼーっと過ごしていた…。

ただ、絶対に変わらないのは、もう就活はせず、支援に身を委ねるということ。
もちろん、支援に全てを任せようなんて思っていないし、そんな考えが危険なこともわかっている。
それですんなり良い所に就職できるなら、最初から利用していたわ(笑)。

というか、この支援センターを知れたのは、僕の親も発達障害のため、親が通っている病院の主治医から…であり、僕の主治医は何も教えてくれなかった。
本当ならば、就活が苦しいということを僕が主治医に訴えていた時点で、「こういった(支援の)サービスもある」ということを、教えてくれていても良かったのだ。

なんか…バカみたいに、無駄に頑張って苦しんでいた気がする…。
半端ない骨折り損だ。


世の中頑張れば頑張った分報われるわけではない。
そんなこととっくに知ったつもりでいたのに、「つもり」でいただけで、どこか頑張った人間が最後は勝つんだ!なんて思っていた。
就活を通じて、ますます現実的になったな…僕は。

もちろん僕は、誰よりも頑張ることの大切さを知っている。
だからこそ、そうしてもなぜか報われない、こんな不条理な世の中に、ますます絶望したのだ。

だがある意味、そんな現実の「冷たさ」を知って、気楽になれた気がする。
僕の努力でどうにかなる領域であれば、現実の「厳しさ」なんだけど、それだけじゃどうにもならないことが、世の中にはいっぱいあると知った。
そう思えば、開き直って生きていけるもの。


そんな中で、「残業100時間で過労死は情けない」と述べた武蔵野大学の教授。

「社畜」なんて言葉はよく考えられているなぁと思う。
しかし、労働者は本当に、ただ豚のように、奴隷のようにこき使われて働かなきゃいけないのだろうか?
労働者は決して、企業にボランティア活動として貢献しようとしているわけではないと思うのだが。

労働者は働いて企業に貢献する。そして企業は、それに見合った対価(給料)を払う。
だから、実は対等な立場であるべきなんじゃないの?
…なんて言ったら、この世の中では「甘い」とか言われそうだね(´・ω・`)

頑張れば頑張った分…の話ではないが、働けば働くほど経済がよく回る世の中でもないだろうに。
なのに高度成長期のように、モノは作れば売れるんだといわんばかりに、汲々と働き続けることをひたすら美とする社会がまだまだ存在する。
いつまでそんなつまらないこと続けるの?


以上、ィヨロシク!!


DSC_0430.jpg 
関連記事

コメント

  • ★の項目は必ず入力してください。
  • 記事の感想、意見など、何でもお気軽にどうぞ。takumiは大いに喜びます。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよくご確認になった上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントにお書きになって送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にて返信させて頂きます。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。
非公開コメント