PCでこのブログをご覧になる時の推奨ブラウザは、Chrome・Firefox・Edge・Safariです。
Internet Explorerでは、一部コンテンツが正常に表示されない場合がありますのでご注意ください。

テキストのイメージを変えられます。

※「映画」は表示に時間がかかります。
※ページ移動or更新すると「真面目」に戻ります。

トップへ
今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを連続でクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

20161024日(月)17時14分

就活のトラウマ化?まだまだ続くネガティブ気分

花粉か何か飛んでいるのだろうか。
最近、変な咳がよく出るし、目も痒くなったり痛くなったりする。

花粉症だったっけ…僕。
花粉症の人は、春や秋のこの時期がある意味夏や冬よりもつらいのかもな。


スネ夫役・肝付兼太さんが亡くなった。(細かいことはこっちの記事に)
最近は惜しい人が次々なくなるね(´・ω・`)(老人かよ)



――火傷して痕が残ったものの、きれいに治りかけていた所(右腕)の皮がめくれてきた。
DSC_0314.jpg 
これまでは治りかけていて、強く触れない限り痛みはなかったのだが、今は風が当たっただけでも痛い…。

そりゃあ炊飯器の蒸気吹き出る所に触れたんだものな。簡単には治らないだろう。
この時は料理作っていたから仕方なかったとはいえ、もっと早くにしっかり冷やしておけば良かった…。
もうほんと、利き腕が痛いのはつらい。



――未だに就活の疲れとか、ストレスとか、ショックとかを引きずっているのか、本調子ではない。
どんなに気持ちを晴らそうと、切り替えようとしても、切り替わらないのだ。
就職活動というものが、一種のトラウマみたいになってしまった。

ブログで言ったか忘れたが、実はマイナビやリクナビ以外の就活ポータルサイトは退会したんだよね。もう見たくもないから。
特に学情(あさがくナビ)は、障害のある学生に対する態度が劣悪だったし。

この“新卒一括採用”というシステムが害悪だと思っている僕でも思うけど、正直、健常者の癖に1桁しか選考受けずにヘタばるのはさすがに甘えだと思う…。
さすがにそれは根性と危機感がないだけ、と言わざるを得ない。
そういう人達は、血まみれ、泥まみれになっても、這いつくばってでも先へ進もうとする力がないんだろうね。

僕なんて、障害があり、それがあるが故に嫌な扱いを受けたこともあったけど、50社受けてきたからね。その経験の上で、このまま就活を続けても無理だと知って(考えて)、だから就活をいったんやめて、支援センターに身を委ねて就労訓練を積む、という別の進路を決めたわけだから。

このおかげで僕は、片道2時間以内であれば電車の乗り換えがあってもあちこち行けるようになったし、エレベーターにも乗れるようになった(長年閉所恐怖症気味だったため)。
負け惜しみに聞こえるかもしれないが、内定よりも、ずっとこっちの方が僕には宝だよ。

ま、就活のこのシステムが害悪なのは確かだ。
「新卒じゃなきゃ駄目!」完全に偏見でしょ?
何度も言っているけど、女性の社会進出に力入れているくらいで(それを実際に推進できたくらいで)、ダイバーシティ語(騙)ってんじゃねぇよ。
本当に、建前だらけの日本に於いては、たくさんある“コトバ”というものは便利に使えるよね。


明後日の水曜日、学校サボっちゃおうと思っていたが、奨学金の満期の説明会が学校であるので行かなきゃいけない…。
ま、授業はサボれば良いか…。どうせ卒制の個人面談だけだし。


以上、ィヨロシク!!


DSC_0283_20161024153606e55.jpg 
(↑画像はクリックで拡大)
関連記事

コメント

  • ★の項目は必ず入力してください。
  • 記事の感想、意見など、何でもお気軽にどうぞ。takumiは大いに喜びます。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよくご確認になった上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントにお書きになって送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にて返信させて頂きます。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。
非公開コメント