トップへ

PCでこのブログをご覧になる時の推奨ブラウザは、Chrome・Firefox・Edge・Safariです。
Internet Explorerでは、一部コンテンツが正常に表示されない場合がありますのでご注意ください。


今後の励みになりますので、↑の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを連続でクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

↓当ブログ内の記事を検索できます。

20161108日(火)08時50分

今の子供は知らない!?触ったらアッチィ白熱電球

東京・新宿区の明治神宮外苑のイベント会場で展示物が焼け、5歳の男の子が死亡した火災で、出展していた大学生が「日没で暗くなったので、白熱電球を点灯させた」と説明していることが警視庁への取材でわかりました。点灯してから数十分後に火災が発生していることから、警視庁は白熱電球の熱が原因で出火した可能性が高いと見て、調べを進めています。
(NHKニュース2016.11.7付記事より一部引用)


白熱電球って、触ったら熱く火傷の原因になるものだし、下手したらこうやって火災にも繋がりかねないものだ…ってのは常識だと思っていたけど、今はそれを知らない子供が多いらしいね。
マスコミ(広告含む)がLED電球への移行を勧め過ぎた結果だろう…。
まぁ、そうでなくても移行期ってあるし、仕方ない部分もあったんだろうが…。

しかし白熱電球の扱い方を知らないのは子供だけでなく、僕と同年代(20歳前後?)くらいの大人にもいるようだ…。
それは単に常識がないだけ、としか思えない…。
その常識がなかったから、先述の事件で大学生は白熱電球の取り扱いを誤ったみたい。

僕ら世代は、蛍光灯には白熱電球がまだまだ当たり前だったし、わかると思うんだけどね。
LEDという言葉を初めて聞いたのは、僕が小学4年か5年くらいの時、信号で使われ始めてから。
だけども急速には普及せず、LED、LEDとやたら言われだしたのは、2010年代になってからだった気がする。


それからこういうニュースって、マスコミが婉曲に白熱電球を撤廃すべき!と主張しているだけにも思える。

LED電球を次々導入できるのは一部の家庭や企業などで、古い建物では、白熱電球でない、LED電球の取り付け自体が上手くできなかったり、導入できても高いコストがかかったりすることがある。
ウチの家も築30年になるため、LED電球は一部の部屋しか設置できていない…。
洗面所とかはまだ橙色の白熱電球だから、取り替えられるよう買い溜めしている。

10年持つ(長寿命だ)から元は取れる…なんて広告では言われていたけど、それも怪しいみたいだね。

前にも言ったが、マスコミがLED電球を推奨し過ぎたせいで、粗悪な製品が次々出回って、それを使った人達から「すぐ駄目になった」という声が相次いでいるらしい。
市場に出回っている大半のLED電球が、そういう粗悪な製品では!?なんて言われたりもしている。
何の意味もないじゃないか(^_^;)
マスコミって恐ろしい…こわい。


以上、ィヨロシク。
関連記事

記事を最後までお読み頂きありがとうございます♪
よろしければ以下の各バナーを、1日1クリックして頂けると今後の励みになりますのでよろしくお願いいたします(費用はかかりません)。

コメント

  • 記事の感想、意見など、何でもお気軽にどうぞ。takumiは大いに喜びます。
  • ★の項目は必ず入力してください。
  • 内容をよくご確認になった上で投稿してください。確認画面にはパスワードの入力欄がありますが、後から内容の修正はできません。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントにお書きになって送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にて返信させて頂きます。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れてください。返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。
  • 支離滅裂な内容や、論理性のない批判・罵倒を含む場合は削除する(承認しない)場合があります。また、悪質なコメントは、非公開コメントであっても記事などで紹介させて頂く場合があります。その際のコメントや記事の削除・編集要望には一切応じません。責任を持ってコメントしてください。
非公開コメント