トップへ

PCでこのブログをご覧になる時の推奨ブラウザは、Chrome・Firefox・Edge・Safariです。
Internet Explorerでは、一部コンテンツが正常に表示されない場合がありますのでご注意ください。


今後の励みになりますので、↑の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを連続でクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

↓当ブログ内の記事を検索できます。

20161110日(木)19時34分

陰で暗殺計画も!?トランプ大統領と米国の未来は

昨晩、僕は電気ストーブを消し忘れて寝てしまい、今朝親に怒られた。

親が先に寝室に行き、僕はリビングからベランダに出て洗濯物を干していて、その時親に電気ストーブを切っておくよう言われ、僕はそれにウンと返事をしたようなのだが、僕の記憶の片隅にもなかった。

消し忘れたのは僕が悪いのだが、最近僕も親も血の気が多いから、無駄な言い争いになりかけたんだよね。
そこで僕の方がスッと引いて別室に行くと、親はブツブツ文句を垂らした。
「バカ」とか「気違い」とかね。

ストーブを消し忘れたのは確かに僕の過失だが、電気ストーブを消し忘れたくらいで僕は気違い呼ばわりされる筋合いはない。
これは今に始まったことじゃなく、僕は幼少期、親が境界性人格障害だった頃に、よく些細なことで怒られる度に気違い、気違いと言われていた。(親がしょっちゅう言っていたために、しばらくそれが差別的な表現だとわからなかったが、それを知れたのはネットのおかげ)
だから今朝はそれを言われ、若干それがフラッシュバックしたので、親がいなくなった後に泣きわめいた。

ウチの親の恐ろしい所は、相手に過失があった場合、その相手に対して何をしても良い、だって相手がやったんだから、という考えにすぐになる所。たとえ息子の僕であってもね。
だからその時の怒り方は全く容赦ないのだ。
譴責すべき事柄とは全く関係のない人の弱みを突いてきたりするので、幼少期はその意味で、怒られるのが怖かった。

言葉の重みがわからない愚かさ…。自分の親ながらハズカシイ(^_^;)



――アメリカの第45代大統領となったドナルド・トランプ氏。
一部では暗殺を考える人までが出てきているよう。

トランプ本人だけでなく、トランプを支持する人・しない人の間でも軋轢が生じ、戦争すら起きかねないんじゃないかと思ったりする…。
もう言っても民主主義だから仕方ないんだけど、多数派が占める社会って、少数派の意見が全く聞き入れられないから、その意味で怖いよね。

日本人もやたらと騒いでいるけど、もうどうしようもないよね。
ましてや、投票できたわけでもないし…。
今後の政治・経済の面でも不安がいろいろ頭をよぎるけど、もう流れを見守るしかないだろう…。



――もうすぐポケモン『サン・ムーン』発売なので、聞いてみた。

やっぱり好きなポケモンでパーティー組みたいよね。

そういえば、サン・ムーンでは、VC版の『赤・緑・ピカチュウ・青』で育てたポケモンを、『ポケバンク』を通じて連れて行けるようになる予定らしい。
これが楽しみでしようがない(*^_^*)

2010年代に入ってから発売されたポケモンでそこまでワクワクしたことなかったけど、今回はなぜか異様なまでにワクワクしている。
何に対して期待しているのかわからないが…何となく、良い作品になってくれそうな気がするのだ。

今の30歳くらいまでの人(特に男性)は、幼い頃からポケモンやってきた人も多いよね。
最近のポケモンゲームは昔からポケモンを遊んできた大人に向けたネタも多いし。

楽しみに待ちましょう~♪


以上、ィヨロシク!!



DSC_0482.jpg 
関連記事

記事を最後までお読み頂きありがとうございます♪
よろしければ以下の各バナーを、1日1クリックして頂けると今後の励みになりますのでよろしくお願いいたします(費用はかかりません)。

コメント

  • 記事の感想、意見など、何でもお気軽にどうぞ。takumiは大いに喜びます。
  • ★の項目は必ず入力してください。
  • 内容をよくご確認になった上で投稿してください。確認画面にはパスワードの入力欄がありますが、後から内容の修正はできません。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントにお書きになって送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にて返信させて頂きます。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れてください。返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。
  • 支離滅裂な内容や、論理性のない批判・罵倒を含む場合は削除する(承認しない)場合があります。また、悪質なコメントは、非公開コメントであっても記事などで紹介させて頂く場合があります。その際のコメントや記事の削除・編集要望には一切応じません。責任を持ってコメントしてください。
非公開コメント