トップへ
20170212日(日)09時42分

スイーツは科学です!初のプリキュア仲間は小さな博士?

『小さな天才 キュアカスタード!』
いちかの前に、喋るカバンが現れた!
中から飛び出してきたのは、持ち運びができるパティスリー工房。
そんなある日、いちかはお店で“どでかプリン”の販売が始まったことを知り…。


今回登場したのは、2人目のプリキュア・キュアカスタードになる有栖川ひまりちゃん。

彼女は、いわゆる社会不適合な子プリンにめちゃめちゃ詳しい!
普段は大人しいけど、プリンのことを語らせたら博士みたい!

だけどそれが故に、プリンの話ばっかりしてつまらないって、過去には同級生から嫌われた経験があるようだ。
凄い人になれるのって、社会では浮いていて、社会に順応しがたい、俗にいう“変わった人”なんだけどね…。

ひまりちゃんの抜きん出た能力や個性を受け入れてくれる子…。
それがいちかだったってわけね。


「スイーツは科学です!」か…。
確かに、レシピにある分量とか、細かい作り方を守るのって大事っていうよね。
僕は、スイーツなんてあまり作ったことないからわからないけど…。

いちかは雑というか、後先考えないというか…(^_^;)
スイーツへの情熱は長けているけど、作るのが上手なわけじゃないのね。
そういったいちかに足りない所を、ひまりちゃんが補ってくれる感じかな。

…でもあと3人のプリキュアになる子はどういう役目なんだ!?
いちかとひまりちゃんで成り立つアニメな気がしてきたぞ…(;´∀`)


プリキュアが“伝説のパティシエ”という設定なのは…まぁ良いとしよう。
そうして毎回スイーツを作っているのも良い。
雑な作り方をすれば、キラキラルが逃げちゃう。ここまでは良いんだよ。

でも、敵いらないよね(;・∀・)
過去シリーズのプリキュアで、必ず敵と戦っていたからって、毎回この展開で敵を登場させるのは、ストーリー的に唐突過ぎて無理がある気がする…。
やっぱり単に、スイーツを作る女の子の成長日記みたいなお話にした方が良いんじゃ…?(-_-;)

ストーリーが面白いだけに、敵キャラが凄く邪魔だ。
極端な言い方かもしれないが、そのバランス的には、サザエさんとドラゴンボールを一緒にしたみたいになっている…。


ま、あと3話で残り3人のプリキュアが揃って、そこからどうなるか…だね。


かつての設定のように、プリキュアを伝説の戦士として活躍させていても、ハピネスチャージみたいに、10周年記念作品なのに、作画は酷いわ、細かい設定を生かせていないわってのも、過去にはあったからね。

このプリアラは、これまでのプリキュアの枠に囚われなければ、お話はとても面白い。
キャラもかわいいし、今後に期待だ☆


次回にも期待して、ィヨロシク!!
関連記事

記事を最後までお読み頂きありがとうございます♪
よろしければ以下の各バナーを、1日1クリックして頂けると今後の励みになりますのでよろしくお願いいたします(費用はかかりません)。

コメント

  • 記事の感想、意見など、何でもお気軽にどうぞ。takumiは大いに喜びます。
  • ★の項目は必ず入力してください。
  • 内容をよくご確認になった上で投稿してください。確認画面にはパスワードの入力欄がありますが、後から内容の修正はできません。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントにお書きになって送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にて返信させて頂きます。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れてください。返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。
  • 支離滅裂な内容や、論理性のない批判・罵倒を含む場合は削除する(承認しない)場合があります。また、悪質なコメントは、非公開コメントであっても記事などで紹介させて頂く場合があります。その際のコメントや記事の削除・編集要望には一切応じません。責任を持ってコメントしてください。
非公開コメント