PCでこのブログをご覧になる時の推奨ブラウザは、Chrome・Firefox・Edge・Safariです。
Internet Explorerでは、一部コンテンツが正常に表示されない場合がありますのでご注意ください。

テキストのイメージを変えられます。

※「映画」は表示に時間がかかります。
※ページ移動or更新すると「真面目」に戻ります。

トップへ
今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを連続でクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ内記事を検索できます。

20170302日(木)19時13分

懲りない自分に辟易…求人紹介サービス プロの言葉に籠絡?

春の暖かさを感じるようになってきたけど、まだまだ朝晩は冷えるね。


昨日辺り――3月に入ってから、急に新年度が迫っていることへの緊張感が解けてきた。

…と同時に、今すぐ就職を決めないといけない。そんな気がしてきたのだ。

だから昨晩は取り憑かれたように、就職のナビサイトを見ていたんだけど、僕はそこから無意識にいくつかのイベントにエントリーしていた。
その中に、各自にあった求人を紹介してくれるサービス(ベネッセ系の会社がやっている)があり、そこから電話がかかってきた。

さすがプロ。饒舌な人で、「現時点で残っている求人は少ない」、「新卒を逃したら就職は極めて厳しくなる」、「今残っている数少ない求人から何かしら就職して、そこから目指す道へ転職した方が良い」などと煽られ、気付けば僕は自分の意思表示ができず、「はい、はい…」と言ってしまっていた…。
とはいえ、明日の昼からとある場所でその人と会えるようで、まぁ会って何かしら話をして、求人でも何でも良いものを奪ってこられれば…などと思い、そこは割り切って会う約束をした。

…となるはずだったんだけど、相手は、昼のある時間を指定してきたのにもかかわらず、後から確認したら、僕と話す部屋が取れないとのことで、「時間指定して案内したにもかかわらずこちらの確認ミスで申し訳ない」と謝ってきた。だから、この話はなかったことになったのだ。


なんか…精神的に追いやられていたり、逆に変にやる気になっていたりする時に、上手い話をされて丸め込まれるのって怖いね…。ちょっと警戒した。

しかし僕も僕で、学情の同じようなサービスで嫌な思いをしていて(去年の秋の日記参照)、この手のサービスを使う時は慎重にならないと、って思っていたのに、丸め込まれかけた…。


毎晩の気持ちの落ち込みは徐々に減り、だいぶん前を見て歩けるようになってきている。
だけども、今すぐ説明会だの面接だのに向けて動いてどうにかできるほど本調子でもなかったのかもしれない…。
自分で情けないって思うけど…仕方ないんだよ、こればかりは。

2017年度卒の多くの学生は、現時点で内定が取れているはずだが、イコール良い企業で幸せな未来が待っている、とはならないものね。

ある企業(障害者採用を行っている特例子会社、契約社員での募集)の面接で言われた、「君は就職することばかり気にしているけど、そこで続けて働いていけなければ何にもならないんやで?」って言葉。
就活中の頭で、採用担当者全てに猜疑心を持っていた当時は素直に受け止められなかったが、今ならそれ、わかる気がする…。


時間は傷を癒すってこと 忘れるころ知るだろう

稲葉浩志『羽』より。
僕が今年度の就活中、自分の中で勝手に応援歌にしていたのだ(笑)。
ホント、時間と共に傷が徐々にだけど癒やされていくって単純なことだけど、忘れる今頃になってようやく知れた気がする。

言い換えれば、「就職ナビサイトを見て、そこからそういったサービスを探す」だけのことができたるようになったわけだしね。
ほんの何週間か前の僕だったら、それは絶対にできなかった…。
就職関係のバナー広告すら拒否反応が出ていた時期があったくらいだもの…。
それに比べればいくらか良くなったよね。


以上、ィヨロシク!!


DSC_0032_1.jpg
関連記事

コメント

  • ★の項目は必ず入力してください。
  • 記事の感想、意見など、何でもお気軽にどうぞ。takumiは大いに喜びます。
  • 確認画面にはパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよくご確認の上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントにお書きになって送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にて返信させて頂きます。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。
非公開コメント