トップへ

PCでこのブログをご覧になる時の推奨ブラウザは、Chrome・Firefox・Edge・Safariです。
Internet Explorerでは、一部コンテンツが正常に表示されない場合がありますのでご注意ください。


今後の励みになりますので、↑の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを連続でクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

↓当ブログ内の記事を検索できます。

20170304日(土)19時41分

出会いがあれば別れも…またひとつ終了 青春時代の作品

今日は異様に暖かかったな…。
ジャージで家にいて、毛布にくるまれば暑いし、毛布を脱げば寒いし、昼寝するのもひと苦労(笑)。

と言っても、最近夜以外あまり寝られないんだけどね。

僕が不眠に苦しむのは、ある意味で賢いからだろうな。
いろんなこと(情報)に触れると、すぐそれを深追いしてしまう…。
バカのように自分には無関係と言わんばかりに、何でもスルーできたら良いんだけどね。

寝られない理由がソレと知ったのも最近だ。
むしろ僕の方がバカか?(笑)


畑健二郎先生の『ハヤテのごとく!』の連載がもうすぐ終了するようだ。

アニメ(2期まで)しか知らないけど…中学時代にアニメが放送され、流行っていて、当時の友達も漫画を持っていた。
近い時期にアニメが放送された『絶対可憐チルドレン』(こちらは漫画を20何巻かまで持っている)などと並び、僕の青春時代を飾ってくれた。
ジャンルは全然違うけど、同時期、『ケロロ軍曹』なんかも好きだったな~…。

さらに僕の高校時代を飾ったのは、『侵略!イカ娘』。
だけどこれも、去年の夏に連載終了してしまった。

自分の青春時代の作品が終わったり、その頃あった何かがなくなったりすると寂しいね。
ま、別れの次には新たな何かとの出会いが待っているってことなんだろうけどね。



――ダイソーで1ヶ月前くらいまで(?)販売されていた、ナノブロックそっくりの『プチブロック』という製品。
親が随分と欲しがっている。物を作るのが好きなのでね。

しかしどの店舗探しても、その在庫が見つからないから親に問い合わせてくれと言われたのでメールした所、パーツが不足している製品が見つかったため、店頭から回収して検品中らしい。
100均の癖にシリーズが多いから、検品には時間がかかるそうで、販売再開も未定なのだそうだ。


あんまり僕はこういう立体物を作るようなのは興味ない…かな。
子供の頃は大好きだったんだけど…趣味って変わるものだね。

今は、PC・スマホやゲーム、あるいは漫画とかみたいに、あまり散らかさずに、独りで遊べるようなものが好き。
会話は別だが、例えばボードゲームとか祭りとか、昔から誰かと一緒に何かをやって楽しんだり、その中で互いの思いに共感したりするようなことが苦手…でかつ嫌いだったから。

…なんて言うと根暗に聞こえるかもしれないが、これでも社会にはそれなりに馴染める人間なんだよ、僕は(笑)。
決して積極的ではないけど、最低限は社会に溶け込めるもの。



●今晩作った料理(肉じゃが)
去年の秋に作った僕の肉じゃがが良かったとのことで、親に頼まれて作った。
僕自身も久々に作りたかったのもあるけどね。

前に作った時は美味しくできたものの、味が薄かったが、今回はそこをクリア。

調味料を混ぜるのに必要な分を除き、極力水を入れずに煮込んでいる。
難しいのはそれよりも、具材の量に対する調味料の分量だ。
親にも言われたが、もう少し砂糖を多くしたら、より良い感じに仕上がっていたかも?


以上、ィヨロシク。


DSC_0265_1.jpg
関連記事

記事を最後までお読み頂きありがとうございます♪
よろしければ以下の各バナーを、1日1クリックして頂けると今後の励みになりますのでよろしくお願いいたします(費用はかかりません)。

コメント

  • 記事の感想、意見など、何でもお気軽にどうぞ。takumiは大いに喜びます。
  • ★の項目は必ず入力してください。
  • 内容をよくご確認になった上で投稿してください。確認画面にはパスワードの入力欄がありますが、後から内容の修正はできません。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントにお書きになって送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にて返信させて頂きます。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れてください。返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。
  • 支離滅裂な内容や、論理性のない批判・罵倒を含む場合は削除する(承認しない)場合があります。また、悪質なコメントは、非公開コメントであっても記事などで紹介させて頂く場合があります。その際のコメントや記事の削除・編集要望には一切応じません。責任を持ってコメントしてください。
非公開コメント