トップへ

PCでこのブログをご覧になる時の推奨ブラウザは、Chrome・Firefox・Edge・Safariです。
Internet Explorerでは、一部コンテンツが正常に表示されない場合がありますのでご注意ください。


今後の励みになりますので、↑の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを連続でクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

キーワードで記事を検索できます。

20170310日(金)19時25分

意志と行動力のギャップ?踏み出せない次の一歩

鼻がムズがゆいし目が痛いし…。
僕もいつの間にか花粉症デビューしちゃったのかな。
ここ数年、花粉の飛散量が多いから、なっていなかった人もなったっていうよね。

最近、家から近い場所で大量のスギの木の伐採が行われている。
何をしたいのか知らないが、随分と大がかりに。

数日前に家の外にとめてある自転車に乗ろうとした時、茶色か黄色の粉っぽいものが大量についていたんだけど(いくら花粉の飛散期でもそこまではない)、おそらく、その伐採で花粉が大量に飛んできているんだと思う…。

戦後次々植えられたスギ(とそれをしてきた老害共)が、この数十年で育ち、悪さをしているようだ。

その一方で、“無花粉スギ”という、花粉を飛ばさないスギも見つかっているよう。
花粉を飛ばすスギを伐採して、無花粉スギに植え替える動きも、近い未来か遠い未来かには考えられている…そうだ。


それから、だいぶん症状は増しになったが、先日寿司屋であたった話。
もしかしたら、そこで食べた物の中でも青魚(シメサバは大丈夫だろうけど…アジは生のを食べた)にあたったのかもしれない。
親を通じて、親の職場の人から聞いた話。

その人によれば、青魚だとたまにあるらしい…(^_^;)
普段僕はサーモン(白身)ばっかり食べているからなかなかないだろうけど、青魚は注意した方が良いかな…?



――突然だが、3月中旬にある就職関係のイベントに行くかもしれない。
実はこの日に行けるイベント、選択肢は2つあるんだけど、どちらに行くかはわからない…。


3月に入り、僕は精神的にだいぶん楽になった。
だけども、だからこそ怖いのは、無理ができてしまうということ。

2月以前、精神的に不調だった頃は、まず就活について考えること自体が一切できなかった。
まるでアレルギー反応のように、“就活”というワードすら、心身が拒絶していたくらい。

しかし、今は、就活のこと…というよりも、自分の先々のことと徐々に向き合えるようになってきた。
だからこそ、簡単に無茶な選択ができてしまうのだ。
決めたは良いがその通りに動けないと、そんな自分がもどかしくなったりする…。


何ていうんだろう…。
現実とより向き合えるようになった分、例えば就職のナビサイトから、就活関係のイベントの申し込みなんかはできるようになったんだけど、実際にそれに行けるか、となったらまた別なんだよね。

自分が先に進もうとする「気持ち」はある。
3月に入り、ようやくその気持ちが生まれたから、一歩進んだといえばそうかもしれない。
しかし、その気持ちの分だけ大きなステップを踏み出せるわけではない…。
意志と行動力のギャップ…というのかな。

「気持ち」が生まれただけでもナンボかマシ?……違うか! ©ものいい

こんな時こそ、サーバルちゃんみたいに先入観とか全て捨てて、物事を見たいものだ。
凝り固まった現代人の頭をほぐしてくれる『けものフレンズ』が評価される理由、わかる気がする。



以上、ィヨロシク!!


DSC_0350_2.jpg
関連記事

記事を最後までお読み頂きありがとうございます♪
よろしければ以下の各バナーを、1日1クリックして頂けると今後の励みになりますのでよろしくお願いいたします(費用はかかりません)。

コメント

  • 記事の感想、意見など、何でもお気軽にどうぞ。takumiは大いに喜びます。
  • ★の項目は必ず入力してください。
  • 内容をよくご確認になった上で投稿してください。確認画面にはパスワードの入力欄がありますが、後から内容の修正はできません。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントにお書きになって送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にて返信させて頂きます。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れてください。返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。
  • 支離滅裂な内容や、論理性のない批判・罵倒を含む場合は削除する(承認しない)場合があります。また、悪質なコメントは、非公開コメントであっても記事などで紹介させて頂く場合があります。その際のコメントや記事の削除・編集要望には一切応じません。責任を持ってコメントしてください。
非公開コメント