PCでこのブログをご覧になる時の推奨ブラウザは、Chrome・Firefox・Edge・Safariです。
Internet Explorerでは、一部コンテンツが正常に表示されない場合がありますのでご注意ください。

テキストのイメージを変えられます。

※「映画」は表示に時間がかかります。
※ページ移動or更新すると「真面目」に戻ります。

トップへ
今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを連続でクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ内記事を検索できます。

20170420日(木)15時44分

コナンの映画へ!毎年買っちゃうバカげたアイテム?

今日はリフレッシュ休暇…。
支援センターの人にちょこっと勧められてね。
頑張り過ぎていたのが実際あったので、特段しんどいってことはなかったけど、あえて今日は休んだ。


そしてコナンの映画から紅の恋歌ラブレターを見てきたぞ!

正直あまり期待していなかったけど、臨場感のある映画館で見るからこそ楽しめる、ド派手なアクションシーンなどは健在で、思っていた以上に面白かった。
舞台は「大阪・京都」ということもあり地元だし、その点で共感できる所もあった。

ただ、昨年の『純黒の悪夢ナイトメア』(劇場で見たけど、先週の金曜ロードSHOW!で放送されていたの録画したから近いうちに見る)と比べると、物足りなさはあったかな。
この映画はとにかく「深」く、「黒」かった。
だがそれだけでなく、“色”というものが大きなキーワードになっていて、メッセージ性も深かった。
最後のオチも、後味が悪いとか多少賛否両論あったものの、僕は好きだった。


名探偵コナンという作品のひとつのテーマでもあるから仕方ないんだけど、あんまり恋愛的な所は共感できないんだよね、僕。
それも、コナンで描かれる恋愛(お馴染みの新一と蘭、今作の平次と和葉など)って、女性の方が共感しやすい感じがする。
これも、コナン自体が半ばサザエさん方式的に話が進んでいる部分もあるから仕方ない所なんだけど、いつまでも最後の一歩が踏み出されず、結ばれることのない恋愛って、女性は好きだよね…実際。
一方で、男性は割と、すぐ結ばれて、その先の関係を望むことが多いと思う。


とはいえ、今作はコナンくん(新一)と平次が非常に格好良かったので、今年もしょーもない記念品を買ってしまいました(^_^;)
これまで劇場で見た映画の分と含めて載せる。↓
DSC_1917_M.jpgこんなしょーもない物ばかりよく買うでしょ?(笑)

だけど、映画を見て感動した後の余韻に浸っている間に買っておくと、たとえしょーもない物であっても、その買った物を通じて、後からまたその感動した瞬間が蘇ってきたりするんだよね。

毎年(映画のテーマに合わせて絵柄だけ変えた)同じような物売っていて、僕のようにそれを毎年買う人間は良いカモになっているはずなのに、つい手を伸ばしちゃうんだよ。
ビジネスの賢いやり方だと認識しつつも手を伸ばすのは、作品に敬意を示す意味でもある?かな。



明日は、支援センターの日…なんだけど、いつもとはちょっと違う催し物。
いつもの作業とは違うから、「楽しむ☆」くらいの気持ちで行ってきますっ。


以上、ィヨロシク!!


DSC_2080_20170420160342508.jpg
↑試験的に、これまでとは画像の解像度を変えて(高くして)いますので、クリックすると大きめの画像が見られます。
関連記事

コメント

  • ★の項目は必ず入力してください。
  • 記事の感想、意見など、何でもお気軽にどうぞ。takumiは大いに喜びます。
  • 確認画面にはパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよくご確認の上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントにお書きになって送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にて返信させて頂きます。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。
非公開コメント