PCでこのブログをご覧になる時の推奨ブラウザは、Chrome・Firefox・Edge・Safariです。
Internet Explorerでは、一部コンテンツが正常に表示されない場合がありますのでご注意ください。

テキストのイメージを変えられます。

※「映画」は表示に時間がかかります。
※ページ移動or更新すると「真面目」に戻ります。

トップへ
今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを連続でクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

20170430日(日)20時47分

まさかの期待以上!?劇しん 数年ぶりの“アタリ”

今日は親とクレヨンしんちゃんの映画『襲来!!宇宙人シリリ』を見に行った。

映画の後、散髪へ行ってきた。
3月中旬の、卒業式前に行って以降だった。
その時は親に言われて髪型を気にしていたから、久々に3mmの丸刈りにできた。

僕は髪が大嫌いだからね…。
邪魔だし、汚いし、ろくなことがない。
他人の髪には全くそうは思わないんだけど、自分の髪がイヤ。
今すぐでもハゲの道を選べるなら、ぜひそうしたい。
本当に鬱陶しい…髪の毛。大嫌い。

昼間の暑さもついに夏日を記録。とても暑かった。



――さて、しんちゃんの映画だが、今作は久々に面白かったよ~!

正直、最初はシリリというキャラクターのデザインやストーリーなど、予告で見る限りでは子供っぽくて、あまり期待していなかった。
長年登場していた芸人のゲスト声優も、今年はいなかったしね…。

しかし、お話を見ているうちに、シリリというキャラがとても好きになっていった。
例年あったように、「家族」「友情」だけでなく、社会問題への批判や、過去の『劇しん』からの思わぬキャラ出演など、大人も楽しめる要素がいっぱいあった。
だから、今年は非常に良かった。

僕個人的には、過去作からのキャラ出演が良かったね。
これは、『映画 クレヨンしんちゃん』を見続けた大人や、それのDVDを何作品も見た人だからこそ、「おっ!」と思えて楽しいネタだった。


2013年の『バカうまっ!B級グルメサバイバル!!』辺りから、かなり迷走している感があったんだよ。
オチも弱く、子供騙しになっていたし、もう『オトナ帝国の逆襲』の頃のような傑作は、決して作れないだろうと思っていた。
だから、今作が悪ければ、惰性でももう来年から劇しんを見に行くのはバカバカしいし、やめようかな、と本気で考えていた。

しかし今作は、さすがにオトナ帝国ほどではないが、笑いの要素、涙の要素、程良くまとまっていて、とても楽しめた。

シリリ、本当にかわいいね(*´∀`*)
キャラデザに違和感を感じている人は、ぜひ実際に映画を見に行って欲しい。
間違いなく好きになるから!

また、今作は「ひろし」役が森川智之さんに変わってから初めての映画になるが、森川さんの演技も良かったね。
アニメで見ている限りでは、ひろし役が映画でも務まるのか不安があったが、演技を藤原啓治さんの「ひろし」に近付けようとする努力が感じられた。
(藤原啓治さんにも早く元気になって、仕事に復帰して欲しいけどね…)



明日と明後日を乗り切れば、GWだ。
その後の五月病は間違いなく来るだろうから憂鬱だが、考えないでおこう…。


以上、ィヨロシク!!


DSC_0523.jpg
関連記事

コメント

  • ★の項目は必ず入力してください。
  • 記事の感想、意見など、何でもお気軽にどうぞ。takumiは大いに喜びます。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよくご確認になった上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントにお書きになって送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にて返信させて頂きます。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。
非公開コメント