PCでこのブログをご覧になる時の推奨ブラウザは、Chrome・Firefox・Edge・Safariです。
Internet Explorerでは、一部コンテンツが正常に表示されない場合がありますのでご注意ください。

テキストのイメージを変えられます。

※「映画」は表示に時間がかかります。
※ページ移動or更新すると「真面目」に戻ります。

トップへ
今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを連続でクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

20170507日(日)08時56分

アタシに自由を!!ドレスの似合わないお嬢さま

『お嬢さまロックンロール!』
いちかは、あおいがボーカルをするロックバンドのステージへやってきた!
しかしそこに、あおいの保護者代理で水嶌みずしまと名乗る黒服の男が現れあおいを連れ去ってしまう。
その先には、あおいが住む「大きなお屋敷」があった……。


あおちゃんってお嬢様だったんだね(^_^;)
ゆかりさんならわかるけど、あおいちゃんが…ね。
正直、男勝りな風貌に、ドレスは全然似合わない…(;´∀`)


でもお金持ちの子供って大変だね。
あおちゃんは、立神コンツェルンという大企業の偉い人の娘。
その重責は、子供にものしかかってくる…。
だからあおちゃんは、水嶌に何かと行動を制限されていた。

だけどそんなこと、子供には全く関係のないことなんだけどね。
大人というのは勝手なものだ。

幼少期から、子供に英語とか、いろんな教育を施したがる親もそうだけど、結局それって子供のためでなく、単に自分達の思うような我が子おにんぎょうさんに育てたいんだけだよね。

水嶌さん、ちょっとムズカシそうな感じの人だね。
たぶん、もともとあおちゃんの気持ちを尊重してあげたいって思ってくれているんだろうけど、こうしなきゃならない、って自分の中にある型にはめ込んで、あおちゃんに教育している気がする。
立場とか関係なく、水嶌さん自身が、ルールとか規則とかいうものを守り通す、完全主義者的な所があるような気がした(僕と同じ?)。

…しかし、もうちょっと水嶌さんについてのストーリーを描いてから、展開を進めて欲しかった。
相変わらず1話で展開速いよ(-_-;)
だけど、「素直になれない」彼の性質をねじ曲げず、きれいにお話をまとめてくれた所は良かったな。


――いちかの“あおちゃん”って呼び方、僕も気に入った(笑)。


次回にも期待して、ィヨロシク
関連記事

コメント

  • ★の項目は必ず入力してください。
  • 記事の感想、意見など、何でもお気軽にどうぞ。takumiは大いに喜びます。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよくご確認になった上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントにお書きになって送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にて返信させて頂きます。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。
非公開コメント