PCでこのブログをご覧になる時の推奨ブラウザは、Chrome・Firefox・Edge・Safariです。
Internet Explorerでは、一部コンテンツが正常に表示されない場合がありますのでご注意ください。

トップへ
今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを連続でクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

キーワードで記事を検索できます。

20110626日(日)09時58分

こころはひとつ!すべてに打ち勝つ友情の力!!

今回のプリキュア鑑賞日記も携帯からだ。




スイートプリキュア♪


『グニャグニャ~!プリキュアに変身できないニャ!』


鑑賞終了した。
祖母の家だからリアルタイムでね。
※先週6月19日の放送はお休みだった。
※ちなみにこの話は、「第19話」に当たる。
あっという間だな~!!




セイレーンの企み…


それはもちろんプリキュアをやっつけることだが、これまでいろ~んな作戦試してきて、すべて失敗に終わっていた。
そしてメフィストに叱られて‥‥。


メフィストによれば、「チームの失敗はリーダー(=セイレーン)の責任。」らしいな。
だからセイレーンが怒られてた。
ちょっとセイレーンがかわいそうだったかな(軽く笑い)。




セイレーンは、今回はハミィに変身して、プリキュアである響と奏の関係を壊そうとした。


セイレーンが見つけたプリキュアの盲点は、


「絶対に許せない!」


――の“声”が揃わないと、プリキュアに変身できないだろうと。
だから響&奏を異空間に閉じ込めたと。



でも関係ないんだよな~。


異空間であろうがどこであろうが、2人の“こころ”(心)がひとつになれば、どんなピンチも切り抜けられ、もちろんプリキュアにだって変身できる…。


何たって響と奏は【親友】だからな☆



いいなぁ~…。
親友か…。


いつも気持ちが繋がってるから、お互いけんかして不満なことがあっても、それを言い合える…。
僕も親友と呼べる友達、いつかほしいな…。




――響&奏の話もそうだが、今回一番つらかったのは、なかなか繋がらないハミィとセイレーンのこころ



ハミィはセイレーンを親友だと思ってる。


でもセイレーンはそれにこたえられない。



ハミィはセイレーンをすごく大切に思っていて、ずっと「信じてる」って…。
こうやって普段からぶつかり合うのも、親友ならすることだと…。




セイレーンは、「友達(親友)なんてわからない。」みたいなこと言ってたけど、きっとこころのどこかでは、ハミィのこと大切に思ってるんだと思う。


だって昔は2匹とも仲良しだったんだしな。
それが断ち切られて、「今はもう親友じゃない」なんて考えられないし、ありえないと思う。
ハミィが一方的にでも(言い方おかしい?)セイレーンを信じつづけたら、セイレーンがまたハミィと仲良くできる時も必ずやって来るだろうな。



セイレーンはマイナーランドにいて、今はトリオ・ザ・マイナーのリーダー…。
「【友情】【愛情】はまやかし。」なんて言うメフィストのもとにいるから逆らえないっていうのも、セイレーンが素直にハミィを親友と思えない理由のひとつなのかな…。


セイレーンがかわいそう…。
もう悪事はやめてほしいな…。


ハミィのこころも、早くセイレーンに通じてほしいと思う。
気持ちが反発することほどつらいことはないだろうからな。




ますます気になる今後の展開!!


今回登場すると思っていた【4人目のプリキュア】だが、今回は登場しなかった…(-_-;)
番組の一番最後で告知されていた4人目のプリキュアだが、いつ登場するのだろうか??


そしてまだまだ謎の【キュアミューズ】の正体は?

なぜドドリーが代わりに喋っているのか?
“誰の味方でもない”ってどういうことなのか?
そもそもキュアミューズは何者なのか??




――いろいろ気になるが、この先の展開見てたらわかるだろう!(何)



プリキュアたちの今後に期待して、
ィヨロシク!!




≪追伸(10時00分)≫
トリオ・ザ・マイナーの3人が食ってたすき焼き、美味そうだったなww
バスドラが大量に肉取ってたけど、確かにバスドラって食いそう…?(殴)
関連記事

コメント

  • ★の項目は必ず入力してください。
  • 記事の感想、意見など、何でもお気軽にどうぞ。takumiは大いに喜びます。
  • 確認画面にはパスワードの入力欄がありますが、後から内容の修正はできません。内容をよくご確認になった上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントにお書きになって送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にて返信させて頂きます。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。
  • 支離滅裂な内容や、論理性のない批判・罵倒を含む場合は削除する(承認しない)場合があります。また、悪質なコメントは、非公開コメントであっても記事などで紹介させて頂く場合があります。その際のコメントや記事の削除・編集要望には一切応じません。責任を持ってコメントしてください。
非公開コメント