PCでこのブログをご覧になる時の推奨ブラウザは、Chrome・Firefox・Edge・Safariです。
Internet Explorerでは、一部コンテンツが正常に表示されない場合がありますのでご注意ください。

トップへ
今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを連続でクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

キーワードで記事を検索できます。

20110818日(木)16時41分

みんなで協力!フェアリートーン大活躍!!

スイートプリキュア♪


『ピポパポ♪フェアリートーンの大冒険ニャ♪』


SayMove!にて鑑賞終了した。




今日はフェアリートーンたちが主役のお話♪


響は、最近は目覚まし時計が鳴るより先に起きられてるみたい。
だがまさかそれがフェアりトーンのおかげだったとは…。

「縁の下の力持ち」ってやつだな♪



トリオ・ザ・マイナーは、優雅に海で夏を満喫…。


バスドラたち、すげーはしゃいでたw
子供かよww
でもそこが、トリオ・ザ・マイナーの面白いところ♪☆



メフィストも、今回くらいトリオ・ザ・マイナーにまともな休暇を与えてやってもよかったんじゃない?
夏休みなんだし?(笑)
ムリに悪のノイズ注ぎ込んで、働かせてたけど…。


ってか、最近メフィスト自体出てなくて、バスドラたちもわりと自由に行動してた。
ということは、メフィストさえいなければ、バスドラたちのやりたい放題ってことか?!



倒せ倒せー!!
トリオ・ザ・マイナーの3人でメフィストなんかやっつけちゃえ~!!(‥どんどん話が逸脱していくw)




――トリオ・ザ・マイナーに捕まっても、7体で協力しあってピンチを乗り切るフェアリートーン、みんな仲良しなんだな~。


ってかフェアリートーンって小さくてかわいい
正直、これまで見てた時はひ弱そうに思えたが、今日見て気分変わったわ!
フェアリートーンを応援したくなった(笑)。



でもそう考えると、バスドラみたいな図体も態度もでかいやつが、ちっこいフェアリートーンをわし掴みにして捕まえようなんて、弱い者いじめもはなはだしいな!!(ぉぃぉぃ)


バスドラたち、正義のこころとか、本当にまったくないのだろうか?
時々見てて思うが、完全に悪に染まってるとは(何となく)思えない‥。




トリオ・ザ・マイナーにも改心してほしいな~。


不幸のメロディーを完成させようとか、そんなのメフィストの勝手な野望にすぎない。
そんなのに付き合っちゃダメだ! トリオ・ザ・マイナー!!(誰)




‥‥あと、幸せのメロディーの方はいつ完成するんだ?? ほんとに?


ハミィはいつも、音符が集まるたびに「もうすぐ幸せのメロディーが完成するニャ~♪」って言ってるけど、これ言い始めてからもうだいぶ経ってない???


これってハミィが天然ボケだから??(ォィ)
天然ボケだから幸せのメロディーがいつ完成するかってわからないの??(黙れ)




――最後に響の耳元に届いた声も気になるな。
あれはいったい何だったんだろう?


「不幸のメロディーなんて、絶対完成させないんだからーーーーーーっ!!!」


この響のセリフから、誰かがささやく…。



「それだけじゃ、ダメよ。」



不幸のメロディーを完成させないだけじゃダメってことなのかな?
そもそも声の正体は誰?
それだけじゃダメってどういうこと???




……いろいろ気になるが、まぁ次の放送を見ればわかるだろう! …きっと。


プリキュアたちの今後に期待して…
ィヨロシク!!♪
関連記事

コメント

  • ★の項目は必ず入力してください。
  • 記事の感想、意見など、何でもお気軽にどうぞ。takumiは大いに喜びます。
  • 確認画面にはパスワードの入力欄がありますが、後から内容の修正はできません。内容をよくご確認になった上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントにお書きになって送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にて返信させて頂きます。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。
  • 支離滅裂な内容や、論理性のない批判・罵倒を含む場合は削除する(承認しない)場合があります。また、悪質なコメントは、非公開コメントであっても記事などで紹介させて頂く場合があります。その際のコメントや記事の削除・編集要望には一切応じません。責任を持ってコメントしてください。
非公開コメント