PCでこのブログをご覧になる時の推奨ブラウザは、Chrome・Firefox・Edge・Safariです。
Internet Explorerでは、一部コンテンツが正常に表示されない場合がありますのでご注意ください。

テキストのイメージを変えられます。

※「映画」は表示に時間がかかります。
※ページ移動or更新すると「真面目」に戻ります。

トップへ
今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを連続でクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ内記事を検索できます。

20111219日(月)00時33分

次から次へと…様々なフォントを購入

最近、いくつかフォント買った。
(すでにこのブログでちょこちょこ使ってた‥かな?)


めんどくさいから「簡潔に」まとめておく(ォィ)。




・ ヒラギノ基本6書体パック
Macに収録されているヒラギノ角ゴ、明朝、丸ゴを収録したものだ(OpenType)。
オークションで5000円程度で購入。


・視覚デザイン研究所
デザイナーズフォント Vol.2

ご存じ、『ロゴG』5書体、『ロゴ丸』5書体、計10書体が収録されたものだ(TrueType)。
オークションで1万円弱で購入。




そして先ほど(※日付変わる前)、また買った。(「また買った」のかよ!!)


タイプラボのフォントだ。
『墨東ルイカ』をご存じだろうか?
知らない人はタイプラボの公式サイトを参照。⇒☆彡



ちょっと古風な感じのフォントだ。
だがウェイトを太くするとガッチリカッコよく見える。


これの『全部セット』(等幅とプロポーショナル9書体ずつ、計18書体)を買った。



おそらくデザイナーとか、その方面の人に言わせれば、モリサワやフォントワークスのゴシック体(新ゴ、ロダンなど)と組み合わせた墨東の方がよいと答えるだろう。(…いや…よく知らないからその辺はあまり何とも言えないけど…。)


だがモリサワやフォントワークスのゴシック体は、かなと組み合わせること(混植すること)を考えて作っているようには見えない。
何というか‥‥欧文がかなりかしこまったデザインで、わりとゆる~い感じの墨東やハッピーなどのタイプラボフォントとは合ってないのだ。




でもルイカは欧文が少し崩れたようなデザインで、英字とかに馴染みのない人でも読みやすくできている。


数字も全体的に丸みを帯びていて、ものすごく極端に言えば、ルイカの欧文は若干ポップな感じにも見える。
(おそらくタイプラボのかな書体と合わせることを想定して作られたのだろう。)
だから混植した時にきれいに見えるのだ。




……えっ?
ならどんな感じなのか見本用意しろって…?



めんどくさいからヤだな~、今は(殴)。
タイプラボの公式サイトにお試し版あるから、それ使って自分で確認して~~(殴&蹴)。



でも僕の言ってることに偽りはないはずだ。
本当にそれくらいいいフォントなのだ!(こんな文字だけ並べて言われても説得力ないって)


まぁすぐこのブログでも画像とかで墨東ルイカ使うだろうから、それを参照してもらえれば‥と(何)。




――以上だ。
眠いから早く寝たいんだよ~~。(なら寝ろ)


ィヨロシク!!!
関連記事

コメント

  • ★の項目は必ず入力してください。
  • 記事の感想、意見など、何でもお気軽にどうぞ。takumiは大いに喜びます。
  • 確認画面にはパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよくご確認の上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントにお書きになって送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にて返信させて頂きます。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。
非公開コメント