PCでこのブログをご覧になる時の推奨ブラウザは、Chrome・Firefox・Edge・Safariです。
Internet Explorerでは、一部コンテンツが正常に表示されない場合がありますのでご注意ください。

トップへ

今後のフォント作りの励みになりますので、以下の各バナーを1日1クリックお願いします(費用はかかりません)。
※PCからご覧の方は、Ctrl(Command)キーを押しながら各バナーを順番にクリックすると、別タブで開きますので、画面が切り替わる煩わしさがありません。

同様にこちら↓も1日1クリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

20111219日(月)15時03分

せめてもの償い…メフィストの決断

スイートプリキュア♪


『シクシク……
不幸のメロディが完成しちゃったニャ!』



録画したものを鑑賞終了した。




の名言。


「誰かを悲しませたところで、結局は自分も悲しい思いをするだけじゃない!」


わかる気がするな…。


誰かが悲しむ。
でも自分はそれを見て笑う。
そして孤立していく…。


確かにそうなれば、バスドラとバリトンだけでなく、ファルセットやノイズだって、本当の意味でひとりぼっちになってしまう…。
それで本当にいいのだろうか…。
奏はそう伝えたかったのかな‥‥。



「目の前で苦しんでる仲間を放ってはおけない。
仲間の苦しみの上に、平和な世界なんて築けない!」




バスドラとバリトンを助けるために(2人への償いとして)メフィストが犠牲になり、そして正気に戻りかけたバスドラ&バリトンもファルセットによって倒れ……



“平和な世界”って、どういうものなのだろうと考えさせられた。
正直僕は、戦争とかがなく、平凡な毎日を過ごせる世界が平和な世界だと思ってた。
でもそれはちょっと違うのかなって。


その理屈だと、10人中9人が平和に暮らせていればそれでよいという考えにも至ってしまう。
残されたひとりが犠牲になることで、残りの9人が平和に暮らせるならよい‥‥?
もし僕がそういう状況下に立たされたら、仲間であっても思いとどまってしまいそうで怖かった。
(極端に言えば)「平和になるなら仕方がない。」って思ってしまわないかな‥と。
冷酷な自分と向き合って(?)、少し嫌になった。



みんなが平和でなきゃ意味ないんだよな‥。
誰かを犠牲にして世界が平和になっても……そういうことかな。




メフィストは自分の身に乗り移った悪のノイズに向けて自ら攻撃し、バスドラとバリトンも倒されかけたが‥‥大丈夫だろうか……。


そして不幸のメロディも完成した…。
どうなるんだろう…。




バスドラとバリトンだけでなく、ファルセットだってもとはメイジャーランドにいた三銃士だったのだから、みんなもとに戻ってほしいって思う。



ノイズさえ倒すことができればな…。
プリキュアたちは、この危機をどうやって乗り越えるのだろう。
今後の展開、ますます気になってきたな。




いつにも増してしょぼい鑑賞日記になって申し訳ない…;
中身が深いおはなしほど、うまく綴れないな…; なんか;



プリキュアたちの今後に期待して、
ィヨロシク!!~♪(最後だけいつもと同じかよ!!)
関連記事

コメント

  • ★の項目は必ず入力してください。
  • 記事の感想、意見など、何でもお気軽にどうぞ。takumiは大いに喜びます。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよくご確認になった上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントにお書きになって送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にて返信させて頂きます。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。
非公開コメント